「世界の経営学者はいま何を考えているのか」まとめ

このページ内の目次

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア
入山 章栄(著)
出版社:英治出版(2012/11/13)
Amazon.co.jp:世界の経営学者はいま何を考えているのか

 

 

本書で紹介されている研究テーマの内、特に個人的に興味を持った研究テーマについて、研究者を中心に各理論の論点や反論などを整理しています。

なお、理論の詳細、それぞれの議論の背景や経緯などにつきましては、本書にわかりやすく記述されていますので、一読をお薦めします。

 

「世界の経営学者はいま何を考えているのか」まとめ

Ⅰ.マイケル・ポーター教授の競争戦略後の「攻め」の競争行動

Ⅱ.「組織の記憶力」と「トランザクティブ・メモリー」

Ⅲ.研究手法論から得られる、経営分析の実践への教訓

Ⅳ.「イノベーションのジレンマ」と「両利きの経営」

Ⅴ.経営学の3つの「ソーシャル」

Ⅵ.グローバル経営における国民性指数とその意味

Ⅶ.国際起業論で語られる世界で起きつつある潮流

Ⅷ.不確実性の時代の事業計画と「リアル・オプション」

Ⅸ.ファイナンス理論を超える「人間くさい」M&Aの研究

Ⅹ.コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)研究

ⅩⅠ.バーニーの論争から考える「経営理論の条件」

ⅩⅡ.経営学は本当に役に立つのか

 

参考

2012.12.10 書籍 世界の経営学者はいま何を考えているのか(当ブログ)

 

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア
入山 章栄(著)
出版社:英治出版(2012/11/13)
Amazon.co.jp:世界の経営学者はいま何を考えているのか

 

他の特集記事

 ≫ 「世界の経営学者はいま何を考えているのか」まとめ

 

トップに戻る

関連記事

前へ

書籍 世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア/入山 章栄(著)

次へ

Ⅰ.マイケル・ポーター教授の競争戦略後の「攻め」の競争行動

Page Top