IT業界の行く末-概要-全産業を巻き込んだ構造変化

このページ内の目次

ITベンダーは以下の選択しかない。と考えるのは、極端でしょうか?

選択1:システム構築を支援する企業として残る。

選択2:IT運用を含めた業務処理を請け負うアウトソーサーへ進化する。

選択3:他ベンダーの傘下に入る。または市場から退場する。

そして、その先には全産業を巻き込んだ構造変化となり、やがて業界が再配置されて一時の安定期がくると思います。

それは、以下の仮説から来ています。

仮説1:IT分野にも購買のパワーシフトは起こっている。

仮説2:SaaS(Software as a Service)の動向は、システム構築だけに留まらない。

仮説3:ITインフラも現在の生活インフラと同様になる。

 

IT業界の今後 ≫ IT業界の行く末

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

変革期における成果主義、中長期的な成果目標や行動指標を設定することも必要

次へ

IT業界の行く末-選択1-システム構築を支援する企業として残る。

Page Top