デバイス別とOS別の世界出荷台数(2012年から2015年)、Gartner発表

このページ内の目次

米国時間1月7日、デバイスタイプ別とOS別の世界出荷台数について、2012年から2013年の実績と2014年から2015年の予想が、Gartnerから発表されましたので概要を整理します。

Worldwide_devices_gartner

今回、Gartnerから発表された「コンピューティングデバイスの世界出荷台数」の概要は、以下の通りです。

デバイス全体では、2012年は22億1,632万台、2013年は前年比3.8%増の23億40万台に対し、2014年は同7.6%増の24億7,445万台、2015年は同5.9%増の26億2,167万台と予想しています。

  • デバイスタイプ別の2014年予想は、
    デスクトップとノートを合わせたPCは前年比7.1%減の2億7,793万台に対し、
    ウルトラブックが130.5%増の3,963万台、タブレットが同46.7%増の2億6,345万台と、大幅に増加すると予想しています
  • ・なお2015年には、PCが2億6,849万台に対し、
    タブレットは3億2,456万台と出荷台数が逆転すると予想しています。
  • OS別の2014年予想は、
    Androidが前年比25.6%増の11億257万台、iOS/MacOSが同29.0%増の3億4,420万台と大幅に増加し、Windowsは同9.7%増の3億5,985万台の微増と予測しています。

 

トップに戻る

関連記事

前へ

書籍 USERS 顧客主義の終焉と企業の命運を左右する7つの戦略/アーロン・シャピロ(著)

次へ

国内電機の2013年度第3四半期決算と通期予想、NECは減収減益で最終赤字、富士通は増収増益で最終黒字

Page Top