緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」のブランド・エクイティの「強みと弱み」

このページ内の目次

3.ブランド・エクイティの「強みと弱み」

近年、消費者の健康志向や嗜好性の追求等により緑茶市場は拡大傾向であり、各ブランドにとっては事業機会です。

しかしその反面、既存メーカのブランド拡張や新規参入等により、競合が激化する等の脅威もあります。

この様な外部環境の中で、各ブランドは保有している強みをさらに拡大し、弱みについてはそれを克服するための戦略を実施することにより、ブランド・エクイティを構築していく必要があります。

ブランド・エクイティの「機会と脅威」

 

ブランド・エクイティの強みと弱み

各ブランドを取り巻く外部環境の機会と脅威から、各ブランドが保有するブランド・エクイティの強みと弱みについて、整理すると以下の表の通りとなると考えます。

ブランド・エクイティの強みと弱み

 

参考:当サイト記事

2005.5.5 顧客ベースのブランド・エクイティ・ピラミッド(CBBE)

 

 

緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」のブランド・エクイティ

 ≫ 1.ブランド連想(Brand Association)

 ≫ 2.顧客ベースのブランド・エクイティ(CBBE)ピラミッド

 ≫ 3.ブランド・エクイティの「強みと弱み」

 ≫ 4.差別化ポイント(POD)と同質化ポイント(POP)

 ≫ 5.ブランド・エクイティ強化に向けた提案

 

トップに戻る

関連記事

前へ

緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」の顧客ベースのブランド・エクイティ(CBBE)ピラミッド

次へ

「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」ブランドの差別化ポイント(POD:Points of Difference)と同質化ポイント(POP:Points of Parity)

Page Top