緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」の顧客ベースのブランド・エクイティ(CBBE)ピラミッド

このページ内の目次

2.顧客ベースのブランド・エクイティ(CBBE)ピラミッド

緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」のブランド・エクイティ(CBBE)ピラミッドは以下の通りとなり、各ブランドとも最終のブランド・レゾナンスを得ていますが、その拡大経路や相対的強さは各ブランドによって異なっていると考えています。

顧客ベースのブランド・エクイティ(CBBE)ピラミッド

 

拡大経路や相対的強さ

お~いお茶

発売当初においてお茶の老舗「伊藤園」が出す市場初の緑茶飲料というパフォーマンスとイメージの両面からレゾナンスを得るまでに至っています。

しかし、近年、他のユニークなブランドの出現によりジャッジメントが弱まってきていると考えます。

ヘルシア緑茶

多量のカテキン含有というパフォーマンスとヘルシーなイメージの連想に成功していますが、効果の実証例がなくフィーリングを生み出すに至っていないと考えます。

伊右衛門

上質茶葉・天然水等のパフォーマンスと本格的緑茶というイメージの両面から拡大してきていますが、レゾナンスにおいて積極的な関わりまでは至っていない状況であると考えます。

拡大経路や相対的強さ

 

参考:当サイト記事

2005.5.5 顧客ベースのブランド・エクイティ・ピラミッド(CBBE)

 

 

緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」のブランド・エクイティ

 ≫ 1.ブランド連想(Brand Association)

 ≫ 2.顧客ベースのブランド・エクイティ(CBBE)ピラミッド

 ≫ 3.ブランド・エクイティの「強みと弱み」

 ≫ 4.差別化ポイント(POD)と同質化ポイント(POP)

 ≫ 5.ブランド・エクイティ強化に向けた提案

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」のブランド連想(Brand Association)

次へ

緑茶ブランド「お~いお茶」「ヘルシア緑茶」「伊右衛門」のブランド・エクイティの「強みと弱み」

Page Top