京都は祇園祭り、千百余年の伝統を有する八坂神社の祭礼

このページ内の目次

20080713

今日は、10月に予定しているセミナーの企画打合せで、京都の四条烏丸に行きました。

朝10時前でしたが、たくさんの人達でした。

明日から、祇園祭の宵山。

鉾建て・山建ても最終段階で、さらに観光に来ている人達でにぎわっていました。

セミナーのことは機会があればにして、今回は鉾を建ていた方にお聞きした話をご紹介します。

様々な歴史が伝承されているようです。

祇園祭は、千百余年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。

貞観11年(869年)に、京都をはじめ全国各地に疫病が流行し、当時の国数にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祭り、疫病退散を祈願して始められた「祇園御霊会」が起源とされているそうです。

今年は32基の山鉾で、その内「鉾(ホコ)」が9基、「山(ヤマ)」が23基です。(鉾と山の違いはことら

毎年7月14日~16日、が宵山(ヨイヤマ)で、山鉾を中心として多くの人達が集まり、そして17日は山鉾が巡行します。

巡行は、「くじ取らず」として長刀鉾(ナギナタボコ)が毎年必ず先頭ですが、後の順番は「くじ取り式」で決まります。

一般にはこの期間を祇園祭と言ってますが、正確には7月1の「吉符入り」から31日の境内摂社「疫神社夏越祭」まで、1ケ月にわたって行われます。

宵山は人も多いですが、山鉾は見ごたえがありますので、機会がありましたら一度行って見て下さい。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

改革の定着、いざとなれば一人ひとりと語り合う

次へ

祇園祭、歴史の伝承、数多くが代々受け継がれてきているそうです

Page Top