部分最適から全社最適へ、「在庫と生産効率や納期とのトレードオフ」「原価管理のポイント」の改善案

このページ内の目次

先週土曜日は、B社との定例会がありました。

前々回の「在庫と生産効率や納期とのトレードオフ」、前回の「原価管理のポイント」について打合せ後、それぞれの改善案を発表して頂きました。

 

2チームとも業務の合間で何度も打合せされたらしく、すばらしい改善策が発表されました。

そして今回の打合せでは、2チームから出された改善策を基に、企業全体の業務課題をまとめました。

部分最適を全社最適につなげる活動です。

2チームから出された改善策を実現するためには、その前後の業務の精度を向上し、業務間の情報を的確に連携することが必要になります。

「販売・設計・購買・生産・会計に至るまでの情報が連携し、全ての業務からビジネス変化を察知し、柔軟かつ即座に対応できる仕組み」を構築することを目的に、以下の課題に整理することができました。

 

販売管理上の課題

顧客満足度向上

販売状況の即時伝達

生産管理上の課題

生産部署と関連部署の連携

調達先企業との連携強化

在庫管理上の課題

出荷コスト削減

在庫削減

品質管理上の課題

品質基準の整備と定期的更新

トレーサビリティ

財務及び管理会計上の課題

意思決定の迅速化

決算早期化

商品収益性の即時把握

 

今回の打合せでは、皆さん活発に議論して頂き、企業全体の主な業務課題を整理することができました。

次回の打合せまでに、全社業務プロセスの改革案を考え、実現ステップを決めることになりました。

日頃の業務が忙しい中ではありますが、皆さんの積極的な取り組みには、いつも驚きます。

今回の打合せが楽しみです。

 

IT経営への道 ≫ B社の奮闘記 ≫ 部分最適から全社最適へ

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

書籍 バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある

次へ

戦略策定プロセスと思考タイプ その主なフレームワーク

Page Top