スマートフォンやタブレットPCのビジネス活用

このページ内の目次

昨日は、支援団体主催のセミナーで話をしてきました。

一般企業の方々を対象にした、「スマートフォンやタブレットPCのビジネス活用」に関するセミナーでした。

 

セミナーは、

  • ・始めに私から総論を話し、
  • ・続いて通信キャリアやITベンダーの方から、各社の端末機やサービスを紹介する

構成で進められ、各テーマ後でも全体終了後でも多くの質問があり、大変活気のあるセミナーとなりました。

私の話では、

  • ・スマートフォンやタブレットPCの動向や特徴
  • ・携帯電話やパソコン、専用端末などの既存端末機との違い
  • ・ビジネスでの活用の可能性と留意点など

事例を紹介しながら考察し、

そして、ビジネス活用時のポイントは、

  • ・企業としてのIT化構想の中で、端末活用の目的を明確にし、
  • ・ハードとアプリケーションの両面、料金体系などを考慮して、適切に端末を選択し、
  • ・決めた運用ルールに基づいてマネジメントする。

ことが重要であることをまとめました。

スマートフォンやタブレットPCは、個人でもすでに利用している人も多く、ビジネスでの活用の可能性についても想像されているようでした。

また先行事例にも、

  • ・メールやグループウェアのようなオフィス業務
  • ・特定の社内システムと連携した入手力業務
  • ・顧客サービス向上を補完する特定業務

など、スマートフォンやタブレットPCはビジネスで活用されています。

目立つ面や良い面だけが表面に出ていますが、企業の業務として活用する上では様々な留意も必要です。

スマートフォンやタブレットPCは、新たな業務システム確立の可能性がありますので、適切に導入して効果をあげて頂くことを期待しています。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

世界のインターネットトラフィック タブレットではAppleのiPadが圧勝、スマートフォンではiPhoneとAndroidが熾烈な争い

次へ

Google 2011年第2四半期の業績発表 過去最高を記録

Page Top