ビジネスプロセスの可視化 -A社の奮闘記- 詳細の提案を依頼するため次期業務プロセス検討

このページ内の目次

昨日は、今年初めてA社との打合せでした。

ベンダー2社に対して詳細の提案を依頼するため、次期業務プロセスの検討打合せに立ち会いました。

各部門単位で整理・検討された「現状とあるべき」業務プロセスを確認し、部門間の連携などの視点で全社最適をプロジェクトメンバー間で議論しました。

年末年始のお忙しい中にも関わらず良く整理されており、数ヶ所の発見と次期システム化構想をまとめることができたのではないかと思います。

今月末までには、今回の打合せ内容を再度整理し、各ベンダーに説明することになります。
そして、ベンダーからの提案内容の評価と最終決定されます。

 

おそらく、ベンダーからの提案は、今回の要望を全て網羅することにはならないと思います。

新たな気付きもあるでしょうし、譲れない部分も出てくると思います。

システム内容の評価、機能の採用・不採用の判断も必要ですが、中長期的なお付き合いができるベンダーか、さらには担当となる営業やSEのスキルや姿勢などの総合的な評価が必要かと思います。

そして、ベンダーとの役割分担を明確にし、社内の態勢を徹底することも必要です。

 

IT経営への道 ≫ A社の奮闘記 ≫ ビジネスプロセスの可視化

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

もっともな言葉、ITの「選択と使い方」を議論できる人(ベンダー)が生き残れる

次へ

ERP検討時の留意点 -A社の奮闘記- IT戦略との整合、業務プロセスの適合、企業文化の醸成

Page Top