コミュニティビジネス

このページ内の目次

今日、お客様にコミュニティサイト構築に向けた基本的な考え方を提案した。

情報システム論Ⅱの宿題の一部を説明しただけだったが、実現に向けて具体的に検討することになった。

授業で、教授に突っ込まれてボコボコにされた事を補足したのが効果あったのだろう。

お客様は清酒メーカであるが、現在は商品紹介などの企業サイトだけであるが、関係する他企業と連携した「食の場」をテーマにしたコミュニティサイトを構築するというものである。

お酒やビール、それらに合う食べ物や器などについて、消費者とメーカ、消費者同士が様々な意見を取り交わすことのできる「場」をつくろうとしている。

 

嗜好性の高い、飲食体験をしないとわからない商品だけに、いかにサイトから購買に結びつけるかが最大の課題である。

さらに、このサイトに消費者を誘導し、ポジティブな意見交換と「」の盛り上げ、そして運営資金の調達手段など解決すべき課題がたくさんある。

 

サイトへの「プル」と携帯・PCへの「プッシュ」、IT(機械)系と人間系の混合型フロント業務などを取り入れて、コンテンツからサービス事業へと展開できれば良いと考えている。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

ハチャメチャな「母の日」

次へ

バーチャルとリアルの境目

Page Top