感動のひと時、MBAを修了された感激と新たな決意が伝わってきました。

このページ内の目次

今日は、昨年卒業したMBAの卒業式でした。

私は、夕方からの「卒業生を送る会」に参加しました。

まずは、今年卒業された方々に、お祝い申し上げます。

ご卒業、おめでとうございました。

MBA学生としての数年間、仕事と両立しながら厳しい授業を習得され、無事MBAを修了されたことは、本当に大変だったと思います。

何よりも、ご家族の協力無しでは達成できなかったことでしょう。

「卒業生を送る会」では、今年の卒業生に加え、MBAの教授や事務局の方々、そして現役MBA学生と私達卒業生が一同に会して、大いに盛り上がりました。

久々にお会いする教授、一緒にグループワークをした方々、そして卒業以来お会いしていなかった同期、多くの方々と近況を交換することができました。

特に今回卒業される方々とは、苦しかったMBA生活のこと、今後の活動予定などをお話するなかで、何よりもMBAを修了された感激と新たな決意が伝わってきました。

昨年の私も、胸に熱いものがありました。

卒業後の1年間は仕事に追われ、特に迷惑をかけた家族へのサービスと、あっという間に過ぎてしまいました。

今日の皆さんとの会話の中で、またムラムラとしてきました。

また折を見て、MBAの師匠にご相談したいと思います。

 

本当に、ご卒業おめでとうございました。

皆様の「志」実現に向けて、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

大学におけるIT活用、授業スタイルも変わっていく

次へ

ITの戦略的活用のための融合、「経営戦略」「業務プロセス」「組織マネジメント」とITを融合

Page Top