感動の一日(友人の結婚式)

このページ内の目次

今日、友人の結婚式に参列しました。

新郎・新婦ともに、私は約2年来のお付き合いですが、とても感激しました。

これまで色々あっただろうし、これからにも不安もあるだろうけど、二人で幸せな家庭を築いて欲しいと、心から思います。

特に今回は、男の子と女の子を持つオヤジとして、自分の子供達と重なってしまい、様々な想いをめぐらせました。

「長男も、あんなかわいい女性と結婚してもらえるだろうか」

「長女も、あんな男らしい男性にみそめてもらえるだろうか」

「うちの子供達だったら、どんな家庭になるのだろうか」

 ・
 ・
 ・

子供達は、まだ小学2年生と1年生なのに、なぜなのかわかりません。

私が年をとったせいでしょうか。

 

後、気がかりなのは、もう一人の友人。

彼は、今は仕事に一生懸命です。

早く結婚報告を聞かせてくれることを心待ちにしています。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

オフィス系ソフトの行方

次へ

有意義な一日(BPMセミナー参加)

Page Top