男女別効果的な褒め方、女性と男性では褒められても「嬉しい!」と感じるポイントが違う

このページ内の目次

「部下を褒めて伸ばそう!」と、よく言われます。

が、なかなか簡単にはいきません。

また、男性の部下と女性の部下とでは、褒め方も工夫が必要だと思います。

男性には「結果」を、女性には「プロセス」を褒めると効果的な気がします。

私が入社した頃は、厳しく指導する「鬼軍曹」的な上司もいましたが、最近では厳しいだけではだめです。

部下を褒めて伸ばそう!」的な対応が主流なのでしょうか。

やはり、人間は褒められると嬉しいものです。

そして、自信を持たせ、本人の積極性を引き出す。

 

私も、これまでも現在も、様々な部下にきてもらっています。

その経験から、女性と男性では褒められても「嬉しい!」と感じるポイントが違うような気がします。

男性の部下には「結果」を褒めるのが効果的です。

「君のプロジェクトは、社内でもトップクラスの利益率をあげてるよ。君の努力の結果な、素晴らしいよ。」

こんな風に上司から、自分が出した成果を明確に褒められたら、凄く嬉しいのが男性なのかなと思います。

 

では、女性はどうでしょう。

女性には結果ではなく、「プロセス」を褒めるのが効果的です。

「いつもメンバーの面倒をよくみてくれてありがとう。君のおかげで、仕事がスムーズに運んでるよ。」

毎日頑張ってることをちゃんと見ていて、それに感謝する。それが、女性は嬉しく思ってくれるのではないでしょうか。

 

しかし一概に言えないのが難しいところです。

それぞれの性格もあるでしょうし、置かれている状況や職種、さらにはタイミングや言い方も重要だと思います。

そして「褒める」だけではなく、適度に「叱る」ことも必要です。

一人では仕事はできません。

上司や部下の協力があってこそです。

生い立ちも違う、仕事に対する価値観も違う人たちが、共に働くことの難しさがここにあります。

それ以前に、上に立つ人の人間性というか、器があって初めて部下がついてきてくれるのでしょう。

そして、普段からの部下との接し方にも、大きく影響するのではないかと思います。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

資料作成時のBGMはバッハ(J.S.BACH)と長渕剛

次へ

組織作りの難しさ、「社員のやりたい業務=組織のポジション」は理想でしょうか

Page Top