市場を感じる、お客様と会話して直接肌で感じることも必要

このページ内の目次

20081212

今日は、名古屋で「経営改革の推進とIT経営」に関するセミナーでした。

企画に関わったこともあり、状況確認を兼ねて立ち寄りました。

セミナーでは、参加して頂いた人材派遣企業のIT部門の方とお話をすることができました。

新聞等から想像はしていましたが、市場は遥かに厳しい様です。

名古屋といえば、自動車業界の冷え込み、そして関連企業へも既に影響が出てきているそうです。

企画したプロモーションの反応は、来場者人数や属性及びアンケート集計等を机上で見てもわからないことが多いです。

やはり現場で、お客様と会話する等して、直接肌で感じることも必要と思いました。

 

そして、帰りの名古屋駅。

JRセントラルタワーズの壁には、イルミネーションがきれいでした。

小売業の方々もクリスマスや年末商戦に向けて雰囲気を盛り上げ、駅周辺は多くの人たちで賑わっていました。

「タワーズライツ(縦22m横43m)」と言うらしく、今年のテーマは「~輝きの絵本の世界へ、ようこそ。~」らしいです。

 

帰りの新幹線では、「米国ビック3救済法案の事実上の廃案」、そして13年ぶりの円高を記録したニュースを見ました。

自動車業界は、どうなるのでしょうか?

そして、日本の自動車業界とその幅広い裾野にいらっしゃる企業の方々への影響は、どちらの方向に傾くのでしょうか?

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

長男の散髪、私の2倍ね!「髪の毛の量」ではなくて料金

次へ

トイレを見れば会社がわかる、トイレを綺麗にされている企業は業務もきちんとされている様に感じる

Page Top