長男の散髪、私の2倍ね!「髪の毛の量」ではなくて料金

このページ内の目次

20081207

夕方からは、長男(小学生)の散髪に付き合いました。

京都駅で待ち合わせをして、いつも行っているらしい所へです。(私は始めてでした)

「髪型は、どうされますか?」

「途中で、確認して頂きたいのですが」

店員さんの問いかけでしたが、

私には、いつもどうしているのか分かりません。

「いつも通りにして下さい」と答えるのみ。

「いつも通りですね」と、カルテらしき紙を確認されて、一安心でした。

終わると、得意げな長男。

なんと、私の2倍以上!

「髪の毛の量」ではなくて、料金が・・・

帰りに、京都駅の大きなクリスマスツリーを男二人で眺め、私は散髪後の長男の頭を眺めていました。

 

これが、私の2倍ね!

だから、「髪の毛の量」ではなくて、料金がです。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

ITベンダーマネジメント -A社の奮闘記- 自社のパートナーとしてお付き合いできるベンダー選定

次へ

市場を感じる、お客様と会話して直接肌で感じることも必要

Page Top