間抜けな親子

このページ内の目次

先日、久々に小学校1年生の長男と話した。

長男:「テストで問題がわからへんかったので、先生に質問したら教えてくれへんかった。先生は意地悪や!」

(どうも設問の答えを聞いたらしい)

私:「当たり前やろ。教えてくれるわけないじゃん!」

長男:「でも、この前お父さんが言ったやんけ。
『わからん所があったら、先生に聞きや』って!」

何とも情けない。長男の大ボケには、参りました。

会話がかみ合わないのは、たまにしか話をしないせいなのかなぁ~?

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

杉の木の両親と松の子供

次へ

「減損会計」が企業経営に与える影響

Page Top