主要先進国の財政健全化見通しとユーロ圏各国の財政赤字

前へ

次へ

このページ内の目次

主要先進国の財政健全化見通しユーロ圏各国の財政赤字を整理してみました。

特に日本は、6月18日に閣議決定された「新成長戦略」で掲げた目標値は、
2020年までに、

  • ・計123兆円の新規市場と約500万人の雇用を創出
  • ・名目の国内総生産(GDP)成長率を平均3%超、実質成長率を2%超に引き上げ

としています。

また、内閣府試算の概要(「経済財政の中長期試算」(平成22年6月22日内閣府))の成長戦略シナリオでも同様の成長率を目標としています。

しかし過去の実績を見ても、GDPの名目成長率が3%を上回ったのは1991年の4.9%で、それ以降一度も上回ったことがないことからすると、この成長率はかなり高い目標値だと思います。

また、主要先進国の資料による財政健全化見通し(財政収支対GDP比)と改善幅(年平均)は、以下の通りとなっています。

(参照:日本の財政関係資料 平成22年8月)

アメリカ :▲ 9.9%(2009年) ⇒ ▲4.2%(2013年)  約1.4%/年
イギリス:▲10.1%(2010年) ⇒ ▲1.1%(2015年)  約1.8%/年
フランス:▲  8.0%(2010年) ⇒ ▲3.0%(2013年)  約1.6%/年
ドイツ  :▲  5.5%(2010年) ⇒ ▲3.0%(2013年)  約0.8%/年
イタリア :▲  5.0%(2010年) ⇒ ▲2.7%(2012年)  約1.2%/年
カナダ :▲  3.1%(2010年) ⇒ ▲0.1%(2014年)  約0.8%/年

日本  :▲ 6.4%(2010年) ⇒ ▲3.2%(2015年)  約1.0%/年
                  ⇒   0.0%(2020年)  約3.8%/年

 

また2010年4月22日に欧州統計局が公表した、昨年のユーロ圏16ヶ国の財政赤字は以下の通りで、ギリシャに友好的態度を示しているフランスは5位の7.5%で、逆に厳しい態度のドイツは3.3%となっています。

  1位 アイルランド :14.3%
  2位 ギリシャ    :13.6%
  3位 スペイン    :11.2%
  4位 ポルトガル  : 9.4%
  5位 フランス    : 7.5%
  6位 スロバキア  : 6.8%
  7位 キプロス    : 6.1%
  8位 ベルギー    : 6.0%
  9位 スロベニア  : 5.5%
 10位 イタリア     : 5.3%
 11位 オランダ    : 5.3%
 12位 マルタ      : 3.8%
 13位 オーストリア  : 3.4%
 14位 ドイツ       : 3.3%
--------------------------------- ⇔ マーストリヒト条約:3.0%以内
 15位 フィンランド    : 2.2%
 16位 ルクセンブルク: 0.7%

 

その他トピックス

1.イギリスが6月22日に発表した緊急予算案

  • ・付加価値税の基本税率を2011年1月に2.5%上げ20%とする。
  • ・銀行新税などの増税策と福祉給付抑制などの歳出削減を組合せ、2010年度に10%を超える財政赤字のGDP比率を15年までに1%に下げる。

2.アイルランド中銀が7月30日に発表した四半期報告

  • ・国有化された2銀行の救済費用を含む2010年の財政赤字が、対国内総生産(GDP)で18.7%に達する見通し。

※マーストリヒト条約
 財政赤字は、単年度で対GDP3%以内、累積で60%以内

 

参考:日本の財政関係資料[平成22年8月 財務省]

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

カントリーリスクとソブリンリスク

次へ

研修企画-IT戦略の提案力向上と中小ITベンダーの戦略策定-

Page Top