ブルーにライトアップされた東京タワー、国連が定めた「世界糖尿病デー」

このページ内の目次

東京の事務所を出ると、東京タワーが見えます。

14日(金)の帰り、最終の新幹線に乗るために急いでいました。

信号待ちで何気なく東京タワーを見ると、ブルーにライトアップされていました。

14日は国連が定めた「世界糖尿病デー」らしいです。

その糖尿病デーのテーマカラーがブルーで、2006年12月の制定以来、様々な所でライトアップされているらしいです。

この日は、東京タワーや名古屋城などの全国30都道府県約40ヶ所でライトアップされ、京都では今年が初めてで、国宝の五重塔がライトアップされたらしいです。

糖尿病患者は世界で約2億4,600万人、日本でも予備軍を含めて約1,870万人と推測されているそうです。

私も気をつけたいと思います。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「がんばった」と「忙しい」、「依頼する側」「される側」と「期待している基準」「提供しようとする基準」

次へ

資料作成は対象者の想定とインタビューが重要、資料の内容や説明の仕方を相手によって変える

Page Top