家族のピンチ、風呂場に閉じ込められる

このページ内の目次

嫁と子供達が、風呂場で約4時間閉じ込められていました。

今日、会社から帰ると、家の電気が消えて真っ暗状態でした。

いつもの通り、先に寝ていると思い、一人で晩御飯の用意をしていると、何かおかしい。

風呂場の電気がついて、物音がしているではないですか。

てっきり嫁が風呂に入っていると思っていたのですが、中から「助けて~」と嫁の声が聞こえてきました。

ドアを開けてみると、洗面所に嫁がいて、バスタブに子供二人がお湯に漬かって寝ていました。

事情を聞いてみると、洗面所のドアのノブが壊れて開かなくなったそうです。

20時ごろに風呂に入ったと言うから、私の帰った24時までの約4時間も中にいたことになります。

その間、体が冷めないようにお湯を入れたり、寝ないように歌を歌ったりしてたらしいですが、子供達はもたなかったみたいです。

子供達にお湯をかけながら、嫁は風呂場と洗面所を掃除。

これで年末の大掃除の一つが片付いたというのは冗談。

三人が無事でなによりでした。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

セカンドライフ -今後の課題-

次へ

JIS2004の概要と影響

Page Top