経営者研修の最終日終了、「経営戦略企画書」と「IT戦略企画書」を発表して議論

このページ内の目次

昨日は、経営者研修の最終日でした。

各社の「経営戦略企画書」と「IT戦略企画書」を発表して頂き、参加者の皆さんと議論をしました。

 

内容に関しては、さすがに経営者の迫力ある発表でしたし、議論においても経営者同士ならではの質問と応答でした。

 

スピンアウトして自ら事業を立ち上げた方、先代から事業を受け継いだ方、それぞれの視点で、各社各様の経営戦略を立案(整理)されていました。

その中には、現在実行されている戦略もありましたし、これから推進していこうとされている戦略もありました。

各発表に対し、参加されている方々のご経験やご意見を率直に言って頂き、また私も過去お手伝いした企業の例をご紹介しながら、全員で議論しました。

発表された方々には、新たな気付きや戦略を更に充実して頂くことができたのではないかと思います。

 

今回の研修は時間も限られていましたので、参加された経営者の方々には消化不良の部分もあったかとは思います。

まして、実際に経営されている方からすると、数日の研修で日々の悩みが解決できるもではないでしょうが、皆さんの取組み姿勢や成果物、アンケートを見ると一応の成果はあったのではないかと思います。

今後は、整理された戦略を引き続き実行(または新に取り組む)されて、それぞれの目標を達成して頂くことを願っています。

今回の発表を通して、皆さんがおっしゃていたことは、

  • ・企業規模を大きくすることは、あえて狙わない。
  • ・規模は小さくても、業界のオンリーワンになりたい。

その言葉には強い意志を感じまし、自らが先頭に立って実行されている様子がうかがえました。

 

最後に、今回の場を設けて頂いた金融機関や支援団体の方々には、大変お世話になりました。

お礼申し上げます。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

活動管理の前に必要な事、「ビジョン型リーダ」と「模範型リーダ」

次へ

今週の東京タワー、開業50周年を記念したライトアップ「ダイヤモンドヴェール」

Page Top