SAP社新サービス発表

このページ内の目次

独SAPが9月19日(現地時間)、ERPパッケージの新製品を発表しました。

正式名「SAP Business ByDesign」(開発コード名「A1S」)です。

・対象:社員数が100~500人の中堅企業 ⇒ A-OneとB-Oneの中間層

・全8機能 :月額149ドル(約1万7,000円)25ユーザーから

・限定機能:月額54ドル( 約6,200円)  5ユーザーから

・日本でのサービス開始時期:未定

【詳細】

1.対象:社員数が100~500人の中堅企業 = A-OneとB-Oneの中間層に向けた製品

(参考)

「SAP All-in-One(A-One)」 :社員数500~2500人の企業向け

「SAP BusinessOne(B-One)」:社員数100人以下の企業を対象

 

2.特徴

  • ・SAP自身がホスティングを手がけ、SaaSとして提供。
  • ・ユーザーインタフェースなどを含め「イチから開発したまったくの新製品」
  • ・動作基盤は、これまでのSAP製品と同様に、ミドルウエア群である「NetWeaver」を採用。
  • 大企業向け「SAP ERP 6.0」と同様にSOAの考え方を取り入れ、各機能を柔軟に連携できる。

 

3.料金:1ユーザー当たり (1ドル=115円換算)

  • ・全8機能:月額149ドル(約1万7000円)25ユーザーから
  • ・「勤怠」「受注確認」の限定:月額54ドル(約6,200円)5ユーザーから

 

4.機能:8機能

  • ・会計
  • ・人事
  • ・CRM(顧客情報管理)
  • ・SCM(サプライチェーン・マネジメント)
  • ・プロジェクト管理
  • ・SRM(購買情報管理)
  • ・CPM(コーポレート・パフォーマンス・マネジメント)
  • ・コンプライアンス(法令順守)管理

 

5.サービス開始時期:日本は未定

  • ・米国とドイツの一部顧客に提供中
  • ・中国とフランス,英国での試験提供開始
  • ・2008年中:オーストラリア,インド,イタリア,オランダ,北欧地域,南アフリカ,スペイン,カナダ,メキシコにも展開予定。
  • ・2009年には対象地域をさらに拡大

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

ERPのサービス化、システムの導入型からサービス化(SaaS化)への移行が加速

次へ

決断

Page Top