セカンドライフ -参加企業の動向-

このページ内の目次

前回は、「Second Life」に注目している理由を簡単にまとめてみました。

今回は、参加している大学や企業の動向についてまとめてみます。

大学は起業家養成や遠隔授業に、企業はブランドのプロモーションや商品の評価、さらには共同企画などに狙いがあるように思います。

いわゆる経験マーケティングも可能になります。

具体的に見てみると以下の通りです。

まず大学です。

  • ・ペンシルバニア大学ウォートン校では、学生に「Second Life」内で起業させ、都度助言を受けながら、成功を競うコンテストを行っています。
  • ・ノースカロライナ州イーロン大学では、起業家に必要な技能を修得する教材として利用しています。
  • ・またハーバード大学などの多くの大学は、遠隔教育の場として利用しています。

 

次に企業です。

  • ・以下のような企業が、店や事務所を出しています。
    インテルやサン・マイクロシステムズ、リーボックやアディダス、アマゾン、ソニー・ミュージック、トヨタやニッサン及びアウディやGMなど
  • ・また、アバターを装飾する洋服や化粧品を販売する企業もあります。
  • ・さらに、ロイター社やCNETなどは様々なインタビュー記事を公開したり、会計やビジネスコンサル及び広告代理店などの企業もあります。

 

代表的な企業の取組みを見てみると、単にリアル企業がネット上でもブランドのプロモーションをしているだけではないことがわかります。

  • ・アディダスは、アバターが履けるシューズを販売しています。
    この販売動向を分析すれば、リアル販売前のテスト販売といえるでしょう。
  • ・シェラトンを展開するスターウッドホテルズは、リアルで建設予定のホテルを「Second Life」内で先行して建設しています。
    利用者の企画や要望を確認すれば、建設デザインや家具の選択に役立ちます。
  • ・トヨタは、若者向けワンボックスカー「ScionxB」を販売する計画のようです。
  • この売上動向を確認すれば、消費者ニーズを確認することができます。

 

この様な企業の取組みは、消費者ニーズや利用評価の数や収集時間など、リアル世界でのマーケティングに対する課題をある程度解決できると思います。

ネットの世界は、情報の伝達が早く、参加者も多く様々です。

商品のデザインを仮想体験してもらったり、公募するなどすれば、集合知を有効活用したマーケティングが可能になります。

さらに試行するための投資も低減でき、失敗リスクもおさえられます。

 

しかし、良いことばかりではないと思います。

次回は、「Second Life」の拡張の可能性と解決すべき課題などについて、まとめてみたいと思います。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

セカンドライフ -その注目度-

次へ

セカンドライフ -拡大の可能性-

Page Top