JR:もはやサービス企業

このページ内の目次

JR東日本は、来年6月からSuicaのポイントサービスを開始すると発表しました。

Suica電子マネーの利用金額や利用回数に応じて、加盟店独自のポイントや加盟店共通の「Suicaポイント」が貯まる新サービスです。

今回発表されたサービスは、以下の2種類の法人向けシステムです。

  • ・Suicaの電子マネーを利用することでポイントが貯まる「Suicaポイント」
  • ・Suicaを使って店舗独自のポイントサービス

特に「Suicaポイント」は、Suicaの電子マネー加盟店や鉄道で決済した場合に、利用金額や回数に応じて「Suicaポイント」が付与されます。

対象となるのは、モバイルSuicaとビュー・スイカカード(提携含む)で、あらかじめ会員組織「Suicaポイントクラブ」に登録しておくことが必要となります。

貯まったポイントは、電子マネーとしてSuicaにチャージしたり、提携企業のポイントに交換したりできるそうです。

これで、駅中や駅周辺において、ますます利用者の拡大が加速するかもしれません。

 

JRは、もはやサービス業に転換していると思います。

そして、そのサービスを全国のJR網に展開すれば、全国制覇も可能でしょう。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

会社の変化と社員の意識

次へ

セカンドライフ -その注目度-

Page Top