スマートフォンのシェア争い Android vs iPhone(Apple)熾烈な争い

このページ内の目次

スマートフォンAndroid携帯の成長が著しく、シェア争いが激しくなってきました。

Android携帯は、どこまで伸びるのか?

iPhone(Apple)は、堅調を維持できるのか?

今後も注目していきたいと思います。

以下に、最近の主な調査が発表した推計結果を整理しておきます。

 

2010年11月1日:ニールセン

20101111nielsen_4

 

2010年11月11日:Gartnerの第三四半期スマートフォン

20101111gartner_7

 

世界のスマートフォンの総売上

1位:Symbian 36.6%(前年同期の44.6%から下降)

2位:Android 25.5%(前年同期3.5%)

3位:AppleのiOS 16.6%(前年同期の17.1 %から下降)

 

2010年第三四半期における世界の携帯電話の売り上げ

4億1,700万台(2009年の同期と比べて35%増加)

スマートフォンだけでは同じ時期に96%の増となり、2010年の携帯電話の売上の19.3%を占める。

 

北米地域

AppleのシェアがResearch In Motion(RIM)を大きく引き離しているが、それでもAndroidには及ばない。

2010年第三四半期のVerizon Wirelessのスマートフォンの売上中、75~80%がAndroid機である。

 

2010年11月4日:comScoreの月次レポート

20101111comscore_5

Androidが、AppleおよびRIMの利用者シェアに迫りつつある。

今年の7月から9月までのデータで、アメリカ国内で5,870万人がスマートフォンを利用している。

  • ・4月から6月の3ヵ月と比較すると、利用者が15%増えたことになる。
  • ・スマートフォンの5台のうち1台がAndroidであるという計算になる。

 

米国スマートフォン利用者のシェア

1位:RIMが37.3%(4-6月期に比べて2.6%のダウン)

2位:Appleで24.3%(4-6月期から変化なし)

3位:Googleは21.4%(4-6月期に比べて6.5%の成長)

 

米国内の端末メーカー別シェア

1位:SamsungがOEMを含めて23.5%(4-6月期との比較で0.7%の伸び)

2位:LG 21.1%

3位:Motorola 18.4%

4位:RIM 9.3%(4-6月期比較で0.5%の伸び)

5位:Nokia 7.4%

 

2010年11月2日:イギリスの調査会社Canalys発表

20101111canalys_5

第3四半期のアメリカ市場

Android携帯の出荷台数は、iPhoneのほとんど2倍となった。

2,090万台のスマートフォンが出荷された。
内、約44%の910万台がAndroid-OSで、Appleは26%の550万台の携帯を出荷した。

 

iPhoneは、アメリカ市場でBlackberry携帯トータル(RIMは24%の510万台出荷)を抜いてトップの携帯となった。

  • ・Appleの市場シェアは第2四半期の4.5%から大きく上昇した。
  • ・しかし、Android携帯のトータルは前四半期の34%から10ポイント近く上昇した。

 

世界市場でのシェア

Android携帯のは25%前後と推計

iPhoneは17%、RIMは15%と推計

 

参照

2010年11月11日:Gartnerの第三四半期スマートフォンデータ

2010年11月4日:comScoreの月次スマートフォンモバイルレポート

2010年11月2日:イギリスの調査会社Canalys発表

2010年11月1日:ニールセン

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

富士通とNECの決算 2010年度(平成23年度)通期業績予想を修正

次へ

ある地域ITベンダーが元気な秘密 - OJTや社員教育、各自の高い意識

Page Top