師匠が亡くなった

このページ内の目次

昨日、私の師匠の一人が亡くなった。

私より、わずか10歳年上。なんと若い。

社会に出てから、私には数名の師匠がいる。

(私が勝手に師匠と想っているだけだけど)

一人は、社会人として、かつ男の生き様を教えて頂いている「師匠」。

この方は、私が一人田舎から出てきて、配属された部署の大先輩。

社会人としてのイロハから、プライベートに至るまで大変お世話になっている。

 

もう一人は、最近出会った「師匠」。

MBAの入学試験から二年間、厳しく指導頂き、現在も数多くの教えを頂いている。

この方の広い視野と独自の論理には、とてもかなわない。

 

昨日亡くなった方も「師匠」である。

中小企業診断士の二次試験対策で、2年間通った予備校の先生。

資格取得後もコンサルティングの基礎から教えてくださった。

特に、思い出深いのは、

  • ・試験前に、自ら遠くまで合格祈願に行って、お札をもらってきて頂いたこと
  • ・資格取得後は、「先生」と言わせず「さん」づけで呼ばせたこと
    (「先生」と呼ぶと罰金を取られた)
  • ・仕事を手伝えと言っては、コンサルの手法や厳しさを体験させて頂いたこと
  • ・「自分が学んだことは後輩に見せて、学ぶ機会を与えろ」が口癖だったこと
  • ・研究会や勉強会で会うと、必ず近況を聞いてくれて励ましてくださること

 

様々な思い出がよみがえってくる。

ご冥福をお祈りします。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

MBA卒業生にとっての公開講座の意義

次へ

5年後の中小企業のIT化手段

Page Top