書籍 退散せよ!似非(エセ)コンサルタント

このページ内の目次

退散せよ! 似非(エセ)コンサルタント

船井 幸雄 (著)
出版社:㈱李白社

詳しくはこちら

 

コンサル人生50年、ついに本音を語った!

経営コンサルタントという言葉さえなかった時代に、一から「日本流の」経営コンサルタントの概念をつくりあげた著者が、本物のコンサルタントに必要な条件、絶対に失敗しない経営の真髄を本音で語っています。

欧米の戦略コンサルティングのようなフレームワークや手法の説明はありません。

大事にすべきものは「人間」
だから24時間、四六時中付き合える
クライアントのために死ねるか

など、コンサルティングに向けた「姿勢や志」など、長年の経験に裏打ちされた概念を知る上で参考になります。

整理された資料をプレゼンすることも必要でしょうが、クライアントのことを真剣に考える姿勢、その経験の積み重ねの大切さを再確認できました。

コンサルタントという職業が下に見られていた当時、従来の経営理論など何の役に立たないことに気づき、「クライアントのために死ぬ覚悟」で行きついた経営法が語られています。

まさに「クライアントとともに歩み続けた経営法」と言えます。

  • ・企業のビジネススクールの関心が高い。
    しかし実務経験の無い人に教えを受けても、ほとんど役に立たない。
  • ・コンサルタントにMBAや博士号の資格はいらない。
  • ・コンサルティングの基本は、
    クライアントがしたくないことは言わない、強制しない。
    この基本をはずして失敗するのは、若い優秀な人である。

経営者&コンサルタント&リーダー必読!  

 

コンサルタント人生50年で身に付けた成功法則

1.基本的に正攻法しかやらない

2.理論以上に実務に強くなる

3.常にプラス発想を心がける

4.一日も早く働き続けることの楽しさに気づく

5.できる経験はなるべくしてみる

6.長所伸展の法則に徹する

7.24時間フル対応の覚悟で仕事をする

 

経営の真髄「経営の原理原則」

経営はあくまでも人間のすること

人間がする以上、自然の摂理に逆らってはいけない

人間として正しいあり方を踏み外してはならない

 

トップに必要な10カ条

1.命をかけて経営にあたり、全責任を自分でとれる人

2.バクチをしない人

3.取引先、知人、客を大切にし、彼らに仕事上で損を与えない人

4.株主、客、従業員をとことん大切にする人

5.会社を黒字にするために常に全力投球する人

6.本業にとって不要なことに投資しない人

7.プラス発想ができる人

8.勉強好きで、「時流」「真実」を掴めている人

9.儲けるのが上手い人

10.部下に上手に仕事を任せることができる人

 

成功の三条件:勉強好き、素直、プラス発想

優れた経営コンサルタントを目指す人は、「経験」と「仕事に取組む姿勢」

  • ・多くの仕事をこなそうとする意欲を持ち続ける。
  • ・常に真剣、親身に接し、相手の立場になって命がけで仕事に取組む

 

少し読めます:㈱李白社サイト

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「人財・人材・人在・人罪」あなたは?

次へ

書籍 トレードオフ

Page Top