プロとは(その1)

このページ内の目次

今週1週間、新入社員研修の一貫として、営業実習のため当部門にも1名配属された。

私の新入社員時代と違って、賢そうである。

実習と言っても、先輩営業マンに同行して営業の現場を体験するというものである。

当部門に配属された新入社員は、システム(SE)志望で営業になるつもりはないらしい。

今日は、ある中堅企業との打合せに私と同行してもらった。

プロモーション活動におけるインターネットの活用について、最近の事例を紹介し今後の取組みの方向性を約1時間議論した。

帰る途中に感想を聞くと、

「さすが営業さんは、口がうまいですねえ」 だそうだ。

どういう意味で言ったのかは定かではない。

私の聞き間違いだったかもしれない。

 

SEでも営業でもどちらでもいいが、会社の名刺でお客様と会話するには、こちらもプロとして認知してもらえるようにならないといけない。

そして提供したサービスに対して、

経験を通じて満足してもらえ、

価値あるものとして認めてもらい、

その対価としてお金を支払ってもらえないといけない。

 

単に、内外にある情報やソリューションを右から左へと提供することではない。

社会やお客様で起きている様々な現象について、

自分の頭で考え消化し、

自分の言葉やサービスに置き換えて、

自分のソリューションとして提供する。

ことが真のプロではないかと思う。

 

お客様は、限られた資金を投資するわけであるから、真剣である。

それに対して、こちら側も「本気」で取り組むことが必要である。

自分は、仕事に対して「本気」になっているか?

自分は、周りの人々に対して「本気」になっているか?

そして、

自分は、自分の人生に対して「本気」になっているか?

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

近鉄奈良線・京都線完了

次へ

プロとは(その2)

Page Top