変革リーダに必要な要素、強いリーダのもとで全社的な取組みが必要

このページ内の目次

今日、ある大企業のトップとお話をする機会がありました。

だれもが知っている企業ですが、これまでに様々な変革に取組まれてきたそうです。

その方との会話から、「変革リーダに必要な要素」を私なりにまとめてみました。

やはり変革のためには、強いリーダのもとで、全社的な取組みが必要です。

そのためには、

  • ・あらゆる視点で企業を分析し全ての可能性を検討し、
  • ・組織内の様々な機能やプロセスを統合し、
  • ・組織全体で合意し、迅速に実行する。

ことが必要だと思いました。

変革リーダに必要な要素

1.経験

変革に対応できる経験や業績をもっているか

2.強靭性

難しく厳しい決断をし、最後までやり抜くだけの強さがあるか

3.観察力

  • ・人を見る目があるか
  • ・人に応じて、モチベーションが高まるように接することができるか

4.思考力

  • ・全社的かつ戦略的に考えることができるか
  • ・個々の事業ではなく、それらを組み合わせて大局的な見方ができるか

5.企業文化の理解

企業文化を変革するためには、自社の文化に敏感で理解しているか

 

そして、取組みにおいては

6.コミュニケーション力

  • ・変革の必要性を明確に伝えているか
  • ・オープンで誠実に語っているか
  • ・平易で説得力のある言葉を使っているか
  • ・関係者と常に対話し、理解し合っているか

7.情報分析力

  • ・自分の仮説を構築するための情報を見つけ、それに基づいて解決策を
  • ・仮定しているか

8.メッセージ力

  • ・説得力のあるビジョンを作成し、伝えているか
  • ・二通りのビジョン:「社員のモチベーションを高める」と「企業の方向性を決める」

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

リスク評価と対応、随時リスク値を再算定して適切な対策を講じることが必要

次へ

知的財産経営と知財人材、実践するためには全社的な取組みが必要

Page Top