景況感改善?

このページ内の目次

今日、日銀から企業短期経済観測調査(短観)が発表された。

原油高・株価下落にもかかわらず、景気が着実に回復していることが確認されたとしている。

これでゼロ金利政策が解除されるかは、政府との調整次第だろう。

企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が、

  • ・大企業製造業で+21(3月調査に比べ1ポイント改善)、9月までの先行きも22と改善を見込んだ。
  • ・大企業非製造業は+20(同2ポイント改善)で、先行きは21。
  • ・中小企業製造業は+7(横這い)、中小企業非製造業は-6(同3ポイント改善)

2006年度の設備投資計画は、

  • ・大企業全産業が、前年比11.6%増(バブル期1990年度以降の高水準)である。
  • ・大企業製造業で、16.4%増(3月調査に比べ8.2ポイント上方修正)
  • ・中堅・中小企業でも計画を上昇修正した。

 

今日、訪問した上場大企業製造業でも、業績が上向いてきているらしい。

2008年度の次期システム本稼動に向けて、検討プロジェクトがやっとスタートし、まずは社内各部門代表者で構想を議論されている。

現状にこだわらず、他社との連携やアウトソーシングも視野に入れて、次期業務プロセスを議論している。

IT部門からは、OSやネットワーク環境の先行き、ERPやRFIDの動向、さらにはサーバやシンクライアントなど、解決すべき悩みが出てきている。

 

企業競争力強化に向けて、経営戦略・業務プロセス・組織とITを融合させるため、いかにプロデュースしたらよいだろうか。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

IT業界の生きる道

次へ

網膜剥離(その後)

Page Top