マネジメントのイノベーション、「意志・情熱」が加わればイノベーションは加速する

このページ内の目次

イノベーションといえば、新製品・新技術や新サービスの開発を思い浮かべるかもしれませんが、様々なイノベーションがあると私は思います。

新製品や新技術等の開発はもとより、ビジネスモデル、経営管理や戦略、そしてマネジメントのイノベーションも必要だと思います。

その内のどれが最上位だという順位は別として、企業や当事者が置かれている環境におけるイノベーションが必要だと思います。

厳しい環境の中で、企業は変革を迫られています。

変革には、強力なリーダシップが必要だと言われます。

しかし、リーダが想いを強力に追求しようとすると、当然配下のメンバーにプレッシャーがかかります。

社内には評論家的な人や反対意見の人がいるのも事実です。

「そんないにカンバルと、部下が潰れるよ」と忠告をしてくれます。

「あなたもリーダ(当事者)の一人ではないの?」と疑いたくなります。

人それぞれに価値観が違うし、ガンバリの基準もプレッシャーの許容範囲も違います。

マネジメントにおいては、「想像力や自主性」をが求められます。

それに「意志・情熱」が加われば、イノベーションは加速すると私は思います。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

今年もお手伝い、体調に気をつけて乗り切って欲しい

次へ

チームはリーダの想い次第、チームは「歯車」ではなく「同じ志を持った人間」

Page Top