家族への手紙

このページ内の目次

昨年8月に網膜剥離での緊急入院と2回の手術をしました。

記憶は無いのですが、1回目の手術時に眼底から大量出血し、急遽中止されたらしいです。

2回目の手術の説明時に、失明寸前で命も危なかったこと、そして2回目も成功の保証がないことを聞きました。

一人で聞き、覚悟して「家族への手紙」を書いていました。

あれから1年、内緒で保管していた手紙を読み返し、健康の大切さ、家族やまわりの方々への感謝を改めて認識しました。

 

「家族への手紙」

1.子供達二人へ

  • ・名前の由来と意味(届出の締め切り直前まで嫁と考えていたこと)
  • ・今、通っている小学校と幼稚園になぜ行ってほしかったか
  • ・将来、どんな人間になってほしいか

 

2.嫁へ

  • ・私と結婚してくれたことへのお礼
  • ・私のわがままを許し、子供達の面倒を見てくれたことへのお礼
  • ・そして、私に何かあった時のお願い

 

そして、両親への感謝

 

ベットで書いた汚い字でしたが、当時色々と思っていたことが、よみがえってきました。

相変わらず無茶苦茶をしていますが、いつかは家族に恩返しをするつもりです。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

これから楽しみな企業

次へ

師匠の入院と健康

Page Top