東日本大震災「ICT支援応援隊」 - ICT関連企業が一致団結して被災地のICT復旧に当たる

このページ内の目次

業界を挙げてのICT(情報通信技術)支援プロジェクトが動き出しました。

8団体が共同で設立するは「ICT支援応援隊

これら8団体に加盟するICT関連企業が、一致団結して被災地のICT復旧に当たるものです。

支援の対象となるのは、

  • ・被災者が緊急用として利用する避難施設、仮設住宅、医療施設、学校など
  • ・これらを支援する地方自治とNPO(非営利団体)

ICT支援応援隊は、被災機関/団体からの要請に応じて、パソコン/ネットワーク接続を無償で提供したり、ネットワーク接続のための設定作業を代行したりします。

支援活動は、2011年4月11日から開始し、原則6月末までの活動です。

 

【参考】

◇事務局:電子情報技術産業協会(JEITA)

◇支援団体

日本経済団体連合会(経団連)

電子情報技術産業協会(JEITA)

電気通信事業者協会(TCA)

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

在日米国商工会議所(ACCJ)

情報サービス産業協会(JISA)

情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)

日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドラインの公表~クラウドサービスの安全・安心な利用に向けて~(経済産業省)

次へ

スマートフォンのシェア争い Google(Android)が利用者シェア首位をキープ(米国)

Page Top