トックオプション税制の整備

このページ内の目次

平成18年税制改正では、適用対象者執行役が追加されそうである。

1.背景:昨年12月に公表された、ストックオプションに関する会計基準とガイドライン

2.目的:ストックオプション制度の促進を図る

3.概要:ストックオプションに係る費用の額は、税制適格ストックオプションを除き、原則として、ストックオプションが行使される日の属する事業年度の損金の額に算入される。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

中小企業投資促進税制

次へ

長男、車掌さんの練習

Page Top