キャリア形成は2点につきる?「スキルが伸びる場(環境)」と「訪れたチャンスに気づき、つかめるか」

このページ内の目次

先日の日曜日は、ある会社の社長様との打合せでした。

今月末から、社内研修をお手伝いするため、研修の概要と流れを確認していただきました。

 

流れ:自社の経営理念を確認 ⇒ 取り巻く環境を整理 ⇒ 今後の対策を検討

中堅社員を対象に、3つのグループに分かれ、グループ単位にまとめたものを発表しあい、議論する型式で行います。

研修に当っての社長様の想いは、

研修に当っての社長様の想いは、

  • ・自社の経営理念を伝え、自分達なりに理解し
  • ・参加者が当事者として、意識し行動に移して
  • ・各自のチームのメンバーと共有して欲しい。

ということでした。

 

そして、その先には、

各自が自分自身のキャリアを形成していって欲しい。

会社としてできることは、そのための動機付けと環境を作ることであると

おっしゃっていました。

この社長様のもとで研修をお手伝いすることは、私にもプレッシャーになりますが、最大限の努力をするつもりです。

 

しかし、キャリア形成は誰かに与えてもらってできるものではないと思います。

  • ・自分のスキルが伸びる場(環境)にいるか
  • ・訪れたチャンスに気がつき、それをつかめるか

この2点につきる。

そのためにも、自分の目標をしっかりと持っておく必要がありますね。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

背負うもので人の器が変わる - 体から出るオーラのようなもの、人の器は「修羅場や決断の数」

次へ

ITのインパクト ITで何が変わったのか?

Page Top