iOSとAndroidのバージョン別シェア(2013年12月)、iOS7は74%、Android「Jelly Bean」は54.5%

前へ

次へ

このページ内の目次

先日、AppleからiOSバージョン別のデバイス内シェアが発表されました。

発表によると、iOS全デバイスに対する「iOS 7」のシェアは74%、対するAndroidは最もシェアが高い「Jelly Bean」で54.5%となっています。

Platform_distribution_201312

更新
 2015年11月25日 関連情報:iOSとAndroidのバージョン別シェア(2015年11月)
 2013年12月07日

今回発表された結果は、iOSが2013年12月1日までの7日間、Androidは12月2日までの7日間で、同じタイミングで調査されたものです。

  • ・iOSは、最新OS「iOS 7」が全体の74%(「iOS 6」は22%)を占めているのに対し、
  • ・Androidは、以下の状況となっています。
    現在主流のバージョン4.1.x~4.3(Jelly Bean)が54.5%
    バージョン2.3~2.3.7(Gingerbread)が24.1%
    バージョン4.0.3~4.0.4(Ice Cream Sandwich)が18.6%

 

iOSとAndroidのデバイス内シェア

「iOS 7」が74%(iOS6は22%)

Ios_versions_201312

  • ・前回(6月)当サイトでもご紹介した時は、「iOS 7」がリリースされる前の「iOS 6」のシェアが93%で、「iOS 5」が6%でした。
  • ・今回12月の調査では、「iOS 7」が74%(10月から10%増)で、「iOS 6」が22%という結果になっています。
  • ・「iOS 7」は、9月に「iPhone 5s/5c」が発売されるとともにリリースされ、そして10月発売の「iPad Air」「iPad mini Retina」にも搭載されています。
  • ・しかし「iOS 7」は、「iPhone 4」以前、第5世代「iPod touch」以前、初代「iPad」には対応していないこともありますので、「iOS 6」が22%残っているのは否めないのかもしれません。

 

「Android 4.1.x~4.3(Jelly Bean)」が54.5%

Android_versions_201312

  • ・前回(6月)からの推移は、以下の通りです。
    2.3~2.3.7(Gingerbread):6月36.5%に対し、12月は24.1%
    4.0.3~4.0.4(Ice Cream Sandwich):6月25.6%に対し、12月は18.6%
    4.1.x~4.3(Jelly Bean):6月33.0%に対し、12月は54.5%
  • ・「Android 4.1.x~4.3(Jelly Bean)」が増加しているのは、現在発売されているスマートフォンやタブレットの主流バージョンとなっている事から、新バージョンへの移行が進んでいることがわかります。
  • ・しかし、依然として旧バージョンの二つの世代各20%前後、合わせて43%存在しているのが実態です。

 

iOSとAndroidとでは、展開の戦略が違いますので一概に比較すことはできませんが、iOSは依然として統制された展開を進めながら、最新バージョンへの移行を図っているように感じます。

Androidは、個別のアプリケーションを柔軟に開発することができますが、旧バージョンが存在するリスクは前回指摘した通りです。

一方iOSは、多少の制約はありますが、OSからハード、コンテンツとApp Store、さらにサービスに至るまでの好循環サイクルを形成していますので、その強さは当分続くかもしれません。

iOSとAndroidとの戦い、そしてWindows、これまでのPCとは異なるOS勢力図に今後の動向を注目していきたいと思います。

 

参考

Apple Developer Support Center

Android Developers Platform Versions

 

当サイト

iOSとAndroidのバージョン分布、各OS内の割合はiOS6が93%、Android最新バージョン(Jelly Bean)は33%
2013年6月27日

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「KALOS」BungBungameがTegra4とIGZOを搭載した10.1インチAndroid 4.2タブレットを発売

次へ

タブレットの比較(2013年冬)、10インチ前後AndroidやiOS搭載モデルのまとめ

Page Top