Facebookマーク・ザッカーバーグ氏が卒業式でスピーチ

このページ内の目次

Mark Zuckerberg's Speech to Eighth Graders at Belle Haven

Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグが、カリフォルニア州メンローパークのベルヘイブン中学校の卒業式でスピーチ。

成功に近道はない

  • ・Facebookのような会社やサービスを作るには、これをやり遂げると信じることが大切である。
  • ・やる価値がある物事というのは例外なく困難である。


愛する人々との関係こそもっとも重要

  • ・愛する人々との関係を育てることに集中せよ。誰も一人では何もできない。
  • ・すばらしい友人が、人生をすばらしく、意義あるものにする。

自分が愛せることをせよ

  • ・自分が愛することをする限り、困難を乗り切る力が湧いてくる。
  • ・自分が楽しめること、好きなことに対してなら、いつまでも集中できる。

 

すばらしいヒラメキがあっても、全てがうまくいくことはない。

何年も何年も懸命に努力して仕事を続けねばならない。

 

これまでも、多くの創業者も同様のことを言っていますが、マーク・ザッカーバーグ氏も違いはなかったようです。

創業期ではトップの意志が全社員に漏れなく伝えられますが、業績拡大とともに組織が大きくなっていくと、なかなか困難な面もあります。

急激に拡大し続けるFacebook

マーク・ザッカーバーグ氏のこれからの経営手腕に注目していきたいところです。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

書籍 インタビューの教科書

次へ

ITベンダーの新入社員研修 プロジェクトマネジメント(PMBOK)編

Page Top