広告媒体

このページ内の目次

広告媒体には様々な種類がある。

マス媒体として、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌。

そして、交通広告、屋外広告、折込広告。さらにネット上の広告。

電通が発表した2005年の国内総広告費は、前年比1.8%増の5兆9625億円と2年連続で増加している。

特にネット広告は前年比約55%増で、全体に占める割合も4.7%である。

媒体別の広告費

媒体別では以下の通り。(前年比)

テレビ:2兆  411億円(▲0.1%)

新 聞:1兆  377億円(▲1.7%)

雑 誌:   3,945億円(▲0.6%)

ネット:   2,808億円(+54.8%)

ラジオ:   1,778億円(▲0.9%)

 

じっくり内容を確認できる媒体としては、新聞・雑誌・交通広告、そしてネット広告であろうが、私の記憶では掲載のための概算費用は以下の通りだったと思う。(勿論、種類や発行地域等の条件により費用は異なるが。)

 

某全国新聞(一段単位での掲載契約)

  • ・1段:約270万円。15段(1ページ):約4,000万円。
  • ・発行部数:約800万部 → 1ページ 約5円/部

某雑誌

  • ・1ページ当たり約200万円。
  • ・発行部数:約 65万部 → 1ページ 約3.1円/部

某地下鉄(近畿)の中刷り

  • ・某市営 B3サイズで4日間:約35万円、450枚 → 約 780円/枚
  • ・某市営      2日間:約86万円、      約1,900円/枚

新幹線(全車両のドアの所)

  • ・1ケ月間:約1,950万円

某マーケットプレイス

  • ・ワンクリック:約4円

 

ターゲットへの到達可能性や視認率等は異なるが、ネット広告の有効性はますます高まると思う。

特に、ネットワークインフラが整備されマルチメディア広告が可能になり、PC活用人口増加でターゲット層が拡大、検索サイトとの連動等、ネット広告の拡大要因は豊富である。

そこに携帯端末が加わり、リアルビジネスとの橋渡しができると、さらに期待効果が増大すると思う。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

あれから一週間

次へ

吉報来る

Page Top