嫁の誕生日会、見事作戦成功

このページ内の目次

今日は、嫁の誕生日です。

段取りは、昨日の打合せ通り。 と思っていましたが・・・

朝、嫁が買い物に行っている間に、今日の段取りを子供達と再確認。

予定通り、午後からは私と息子は塾へ、嫁と娘は買い物に行きました。

夕食中も、子供達はソワソワ。

いつもダラダラ食べているのに、今日はテキパキ状態で、嫁が不思議がっています。

そして、一息ついて・・・

ジャジャジャーン!

娘の目配せ合図で、三人はそれぞれの分担作業。

娘は隠しておいたプレゼントを取りに、息子はケーキを取り出し、ローソクを1本・2本・・・とケーキに刺し、私が火をつけて準備完了。

 

「はっぴーばーすでい。ツーユー」を合唱。

すると嫁が、「おかしい。ローソクの数が1本多い!」

息子 「3○歳やから、大きいローソクが3本と小さいローソクが○本やろ」

嫁   「ちゃうわ。3△歳や」

そうなんです。1歳間違えていたんです。

 

まっ・・・

気を取り直して、いよいよ私の出し物。

今回は、直径30センチのクス球を用意。

嫁にひもを引っ張ってもらい、

中から紙吹雪と紙テープとともに、子供達が書いた「お母さん、おめでとう」の垂れ幕がダラリ~~~

見事成功でした。

 

当然、周りに散らかった紙吹雪を片付けるのは私です。

まだ、ブツブツ言っている嫁の相手はそこそこに、ケーキをむさぼって、誕生日会はお開きになりました。

今も、嫁がブツブツ言っています。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

作戦会議、明日は嫁の誕生日

次へ

嬉しい知らせ、管理職昇格試験の受験者全員合格

Page Top