クラウド1とクラウド2、SaaSから、PaaSやIaaS事業に戦略的に展開

このページ内の目次

今日は、あるセミナーに参加してきました。

その中で、米国セールスフォース・ドットコムのCEOの基調講演がありました。

企業としての取組み姿勢、グローバル展開の中での日本市場への期待などの他、自社サービスこそが真のクラウド型であるとの主張、そして展開している様々なサービスの紹介がありました。

その中で、「クラウド1とクラウド2の対比」についての発言があり、個人的には一部納得しますが、少し無理矢理観があると思いました。

しかし、グローバルで増加し続ける導入事例やパートナー企業を垣間見て、企業の勢いを感じました。

クラウド1クラウド2
Amazon salesforce、Facebook
タグ フィード
プル型 プッシュ型
クリック タッチ
デスクトップ スマートフォン
固定 携帯
位置情報無し 位置情報有り

 

この対比はCRMには成り立つかもしれませんが、基幹業務には当てはまらないと思います。

また、様々なサービス紹介においては、既に多くのユーザーを持つSaaSから、PaaSやIaaS事業に戦略的に展開されている様子が理解できました。

システムをクラウド型でグローバル展開し、導入状況を集中管理して情報を集め、次なるサービスやテンプレートを企画し、先行して展開する。

戦略的な事業サイクルが回っているように感じました。

その過程では、サーバーやアプリケーションを企業向けに提供するベンダーは、事業が縮小していくことになるでしょう。

 

 

トップに戻る

関連記事

前へ

注目のiPad紹介-広島出身の人向け-

次へ

クラウド活用?「情報システムを安全かつ確実に運用する」視点から「ITガバナンス」を徹底せよ!

Page Top