世界のタブレット出荷台数の2022年1Qは3.9%減の3,840万台、コロナ影響は収束しつつも需要が鈍化

世界のタブレット出荷台数の2022年1Qは3.9%減の3,840万台、コロナ影響は収束しつつも需要が鈍化

前へ

次へ

このページ内の目次

2022年1Qの世界タブレット出荷台数とシェア

更新 2022年04月30日

現地時間2022年4月29日に「2022年1Q(1~3月期)の世界タブレット出荷台数とシェア」を、IDCが発表しましたので概要を整理します。

IDC発表によると、従来型タブレットと2in1デバイスの両方を対象にした2022年1Q(1~3月期)の世界の出荷台数は、前年同期(2021年1Q)の3,990万台に対して150万台(3.9%)減の3,840万台となっています。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による影響は収束して季節性の傾向に戻りつつあるようで、需要が鈍化したことによる減少としています。

また、2020年と2021年にデバイスを積極的に購入したことによる反動もあるようです。

1Qの前年同期に対する世界の出荷台数は、トップ5の内SamsungとAmazonが前年同期に対して増加した以外は、他の3ベンダーは減少しています。

なお、最近realme、OPPO、Xiaomiなどの新しいスマートフォンベンダーが新興市場に参入してきているようです。

現時点では、その量は市場を動かすほど重要ではないようですが、これらのベンダーが既存のチャネルの存在を利用してエコシステムを構築するようになり、新興市場でのタブレットに対して存在感を増す可能性もあるとしています。

IDCでは、従来型のタブレット「スレート型」とキーボード着脱式2in1「デタッチャブル型」の2つに分けて分析しています。

「スレート型」は2014年をピークとして減少に転じ、この傾向は今後も続くと予測しており、一方の「デタッチャブル型」は、市場の盛り上がりを牽引すると期待されています。

「デタッチャブル型」は、生産性や柔軟性など、使いやすさ重視への需要が高まっており、ノートPCとすみ分けしているだけでなく、一部ではノートPCの代わりのデバイスとして購入したことも貢献しています。

この様な状況の中で、2022年1Qにおけるトップ5ベンダーの顔ぶれは変わっていませんが、2021年4Qは4位だったAmazonが今期3位、同3位だったLenovoが今期4位に入れ替わっています。

Appleは、シェアは前年同期から0.2ポイント減の31.5%(前年同期:31.7%)で、出荷台数は前年同期比4.6%(60万台)減の1,210万台で依然トップを独走しています。

一方、Samsungは2位で、シェアは1.5ポイント増の21.1%(同19.6%)、出荷台数は同3.5%(30万台)増の810万台となっています。

なお、2021年1Q及び2022年1Qともに、Huaweiが売却したHonorの数値は含まれていません。

2022年1Q(1~3月期)のベンダー別出荷台数とシェア

2022年1Q(1~3月期)の世界のタブレット出荷台数及びシェアの概要は、以下の通りです。

タブレット全体の出荷台数は、前年同期に対し150万台(3.9%)減の3,840万台となりました。

上位5社のベンダーの顔ぶれは変わらず、前年同期に対してSamsungとAmazonが増加した以外、他の3ベンダーは減少しました。

出荷台数は、Appleが前年同期に対して4.6%減の1,210万台で依然トップを維持し、2位がSamsungで同3.5%増の810万台、2021年4Qは4位だったAmazonが今期3位となって同6.3%増の370万台、同3位だったLenovoが今期4位で同25.9%減の300万台、5位がHuaweiで同17.2%減の220万台で続いています。

世界タブレット、ベンダー別出荷台数の推移

2022年1Qの世界タブレット出荷台数

2022年1Q(1~3月期)の出荷台数は、以下の通りとなっています。

ベンダー今期前年同期増減数増減率
1位 Apple 1,210万台 1,270万台 △60万台 △4.6%
2位 Samsung 810万台 780万台 30万台 3.5%
3位 Amazon 370万台 350万台 20万台 6.3%
4位 Lenovo 300万台 410万台 △110万台 △25.9%
5位 Huawei 220万台 270万台 △50万台 △17.2%
全体 3,840万台 3,990万台 △150万台 △3.9%

2022年1Q(1~3月期)の世界出荷台数の全体は、前年同期に対して150万台(3.9%)減の3,840万台(2021年1Qは3,990万台)となっています。

上位5位までのベンダーの顔ぶれは変わりませんが、2021年4QからLenovoとAmazonが入れ替わり、SamsungとAmazonが増加した以外は3ベンダーが減少しています。

1位はAppleで、1,210万台(前年同期に対し4.6%減、前年同期1,270万台)

2位はSamsungで、810万台(同3.5%増、同780万台)

3位はAmazonで、370万台(同6.3%増、同350万台)

4位はLenovoで、300万台(同25.9%減、同410万台)

5位はHuaweiで、220万台(同17.2%減、同270万台)

世界のタブレット、ベンダー別シェア推移

2022年1Qの世界タブレットのシェア

2022年1Q(1~3月期)のシェアは、以下の通りとなっています。

ベンダー今期前年同期増減
1位 Apple 31.5% 31.7% △0.2
2位 Samsung 21.1% 19.6% 1.5
3位 Amazon 9.6% 8.7% 0.9
4位 Lenovo 7.8% 10.1% △2.3
5位 Huawei 5.8% 6.8% △1.0

1位はAppleで、31.5%(前年同期に対して0.2ポイント減、前年同期31.7%)

2位のSamsungで、21.1%(同1.5ポイント増、同19.6%)

3位はAmazonで、9.6%(同0.9ポイント増、同8.7%)

4位はLenovoで、7.8%(同2.3ポイント減、同10.1%)

5位はHuaweiで、5.8%(同1.0ポイント減、同6.8%)

参考:世界Chromebook、ベンダー別出荷台数とシェア

2022年1Qのベンダー別出荷台数とシェア

上段:出荷台数、下段:シェア

ベンダー今期前年同期増減数増減率
1位 Lenovo 120万台 340万台 △220万台 △65.6%
23.2% 25.7% △2.5
2位 Dell 120万台 150万台 △30万台 △21.1%
22.9% 11.1% 11.8
3位 Acer 110万台 190万台 △80万台 △40.8%
22.0% 14.1% 7.9
4位 HP 80万台 440万台 △360万台 △82.2%
15.3% 32.8% △17.5
5位 Samsung 30万台 130万台 △100万台 △73.5%
6.5% 9.4% △2.9
全体 510万台 1,330万台 △820万台 △61.9%
100.0% 100.0%

参考

Tablet and Chromebook Shipments Declined in the First Quarter of 2022 as the Market Adjusts to New Conditions, According to IDC

関連情報(当サイト)

世界のタブレット出荷台数の2021年4Qは11.9%減の4,600万台
2022年2月2日

2021年4Qの世界タブレット出荷台数とシェア

トップに戻る

関連記事

前へ

「Latitude 9430/7430/7330/5330」DELLのWin11搭載14.0型と13.3型回転式2in1、シリーズを刷新

次へ

「Fire 7」Amazonの7.0型タブレット、CPUとメモリを強化して30%の性能向上、キッズモデルも同時発表

Page Top