世界のタブレット出荷台数、2017年1Qも対前年同期8.5%減少(10期連続)、「デタッチャブル型」が牽引

前へ

次へ

このページ内の目次

現地時間2017年5月4日に「2017年1Q(1~3月期)の世界タブレット出荷台数」が、IDCより発表されましたので概要を整理します。

Tabletshipmentsmarketshare2017_1q

更新
 2017年8月18日 関連情報:世界タブレット2017年2Q出荷台数とシェア、前年減少も後半に期待
 2017年6月19日 関連情報:国内モバイルデバイス市場 2017年1Q実績(IDC Japan)
 2017年6月08日 関連情報:2017年度 国内タブレットの市場動向調査(ICT総研)
 2017年6月01日 関連情報:2017年第1Q 国内タブレット端末市場実績値(IDC Japan)
 2017年5月25日 関連情報:2016年度通期国内タブレット端末出荷概況(MM総研)
 2017年5月23日

IDC発表によると、従来型タブレットと2-in-1デバイスの両方を対象にした2017年1Qの世界の出荷台数は、2016年1Qの3,960万台に対して340万台(8.5%)減の3,620万台となっています。

前年同期に対する世界の出荷台数は、2014年4Q以来10四半期連続で減少したことになります。

米Appleが2010年に初代iPadを発売し、その後2013年までは急激な伸びで成長してきましたが、2013年をピークに以降減少傾向が続いています。

その主な要因は、消費者のスマートフォンへの依存の高まりだとしています。

なおIDCでは、従来型のタブレット「スレート型」とキーボード着脱式2-in-1「デタッチャブル型」の2つに分けて分析していますが、この2つのタブレットはまったく異なる方向に進んでいるようです。

「スレート型」は2014年をピークとして現在は減少中で、この傾向は今後も続くと予測しており、一方の「デタッチャブル型」は成長しており、その多くはノートパソコンと共通点を持つ製品へと進化しつつあるとしています。

タブレットの市場が大きく変化するのと同時期、PC市場も非常に悪化しており、「PC市場全体に対する長期的な脅威は、市場が最終的には"デタッチャブルとコンバーチブルの論争がどのように落ち着くか"に影響する」としています。

IDCの見通しでは、「デタッチャブル型」の出荷量は、キーボードを360度回転させるなどしてタブレットとしても使えるノートPCの「コンバーチブル型」を上回っていますが、「デタッチャブル型」の伸びは減速しているようです。

 

2017年1Q(1~3月期)のベンダー別出荷台数とシェア

2017年1Q(1~3月期)の世界のタブレット出荷台数及びシェアの概要は、以下の通りです。

タブレット全体の出荷台数は、前年同期に対し340万台(8.5%)減の3,620万台となりました。

シェアは、Appleは24.6%と依然トップを維持しましたが、前年同期に対し1.3ポイント減少しています。

 

世界タブレット、ベンダー別出荷台数の推移

2017年1Qの出荷台数は、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshipments2017_1q

ベンダー今期前年同期増減数増減率
1位 Apple 890万台 1,030万台 △140万台 △13.0%
2位 Samsung 600万台 600万台 微減 △1.1%
3位 Huawei 270万台 200万台 70万台 31.7%
4位 Amazon 220万台 220万台 微減 △1.8%
5位 Lenovo 210万台 220万台 △100万台 △3.8%
全体 3,620万台 3,960万台 △340万台 △8.5%

2017年1Qの世界出荷台数の全体は、前年同期340万台(8.5%)減の3,620万台(2016年1Qは3,960万台)となっています。

上位5位までのベンダーでは、Huaweiのみが前年同期に対し増加しただけで、他の4つのベンダーは減少しています。

ベンダー別では、

Appleの出荷台数は890万台(前年度同期1,030万台:140万台減、13.0%減)

  • ・9.7インチ新型「iPad」を投入したものの、前年同期比では13四半期連続の減少になりました。
  • ・Appleが5月2日(現地時間)に発表した第2四半期(1~3月)決算では、iPadの販売台数は13%減の892万2000台で12期連続の減少となり、売上高は12%減の38億8900万ドルとしています。

Samsungは600万台(同600万台:微減、1.1%減)

  • ・「デタッチャブル型」にタブレットのポートフォリオを移行しつつあり、今年に入って3つの製品を発表しています。
  • ・2014年にPC事業を撤退してますが、Windows10搭載の「デタッチャブル型」モデルに事業機会を見出そうとしているようです。

Huaweiは270万台(同200万台:70万台増、31.7%増)

  • ・Android搭載モデルから、Windows10搭載の「デタッチャブル型」モデルに移行しているようです。
  • ・他社が新型モデルをあまり投入していない中で、積極的に新型モデルを発表して買い替え需要を獲得したようです。

Amazonは220万台(同220万台:微減、1.8%減)

Lenovoは210万台(同220万台:10万台減、3.8%減)

 

世界のタブレット、ベンダー別シェア推移

2017年1Qのシェアは、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshare2017_1q

ベンダー今期前年同期増減
1位 Apple 24.6% 25.9% △1.3
2位 Samsung 16.5% 15.2% 1.3
3位 Huawei 7.4% 5.1% 2.3
4位 Amazon 6.0% 5.6% 0.4
5位 Lenovo 5.7% 5.5% 0.2

Appleは依然トップを維持しておますが、前年同期に対し1.3ポイント減の24.6%(前年同期25.9%)

2位のSamsungは、同1.3ポイント増の16.5%(同15.2%)

3位にHuaweiが入り、同2.3ポイント増の7.4%(同5.1%)

4位はAmazonで、同0.4ポイント増の6.0%(同5.6%)

5位はLenovoで、同0.2ポイント増の5.7%(同5.5%)

 

参考

Worldwide Tablet Shipments Decline 8.5% in the First Quarter as the Slow Migration from Slates to Detachables Continues, According to IDC
04 5 2017

 

他サイトの関連情報

国内モバイルデバイス市場 2017年第1四半期の実績および予測を発表
2017年6月19日 IDC Japan

スマートフォン、タブレット、モバイルPC、データ端末を合計した、2017年第1四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は、前年同期比17.3%増の1,410万台

  • ・タブレット端末は、キャリア端末が牽引し、前年同期比で9.7%のプラス成長
  • ・ビジネス市場では、苦戦したことから前年同期比で15.2%のマイナス成長
  • ・タブレット市場について、キラーアプリケーションの不在やPCとの差別化の難しさという課題が解消されていないと指摘し、今後も出荷が進まない状況が続くと予測

 

2017年度 国内タブレット端末に関する市場動向調査
2017年6月7日 ICT総研

  • ・2016年度のタブレット端末市場は866万台で2年連続減少、2017年度は897万台へ。
  • ・2016年度のAndroidタブレットは402万台でシェア46.4%、iPadとWindowsは減少。
  • ・個人ユーザーの所有率トップはiPadで16.1%。Androidタブレットは13.9%で次点。
  • ・顧客満足度1位はiPadで78.8%、マイクロソフトSurfaceは73.5Pで昨年から低下傾向。

 

2017年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表
2017年6月1日 IDC Japan

2017年第1四半期のタブレット端末の出荷台数は、前年同期比3.0%増の222万台

  • ・家庭市場向けタブレットは、前年同期比9.7%増の173万台
  • ・ビジネス市場向けタブレットは、同15.2%減の49万台
  • ・家庭市場の出荷が好調に推移
    通信事業者向けを中心とした通信回線付きモデルが成長を下支え

2017年第1四半期 国内タブレット市場 ベンダー別シェア(出荷台数)

  • ・Apple:37.3%
  • ・Huawei:23.6%
  • ・LG:9.4%
  • ・NEC Lenovoグループ:6.9%
  • ・富士通:5.0%

 

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況
2017年5月25日 株式会社MM総研

2016年度通期の総出荷台数は前年同期比6.9%減の841万台

  • ・SIMロックフリータブレット含む「セルラータブレット」が507.6万台
    初の500万台を突破し、比率6割超も初
  • ・無線LANのみの「Wi-Fiタブレット」が333.4万台
    スマートフォンの画面大型化やSIMロックフリー拡大による影響で、個人向け需要が減少

メーカー別シェアは、Appleが統計開始から7年連続で1位(39.9%)

  • ・しかし台数では前年度比7%減で、2年連続で前年割れ
  • ・出荷台数の減少要因は、キャリア各社がAndroidタブレットの販促に力を入れた反動で、Wi-Fiタブレット市場が苦戦し、Wi-Fi版iPadも同様に減少した結果

OS別シェアは、Androidが48.7%と4年連続1位、iOSは39.9%、Windowsは11.4%

2017年度以降の出荷台数の予測は、

  • ・2017年度:前年度比4.6%増の880万台
  • ・2018年度が910万台、2019年度が950万台、2020年度には980万台
  • ・今後のWi-Fiタブレット市場拡大のポイントは、学校・教育向けを含めた法人需要であり、その中でWindowsタブレットの本格的な普及も期待

 

関連情報(当サイト)

世界のタブレット出荷台数、2016年4Qも前年同期に対し20%減少、年間も16%減少
2017年2月4日

Tabletshipmentsmarketshare2016_4q

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「ideapad MIIX 320」LenovoがWin10搭載の10.1インチ着脱式2-in-1のコンシューマモデルを発表

次へ

「New Surface Pro」日本マイクロソフトがWin10搭載12.3インチ後継モデル、内部設計を大幅刷新

Page Top