世界のタブレット出荷台数、2015年3Qも対前年同期に対し減少し、4期連続で減少が続く

前へ

次へ

このページ内の目次

現地時間10月29日に「2015年3Q(7~9月期)の世界タブレット出荷台数」が、IDCより発表されましたので概要を整理します。

Tabletshipmentsmarketshare2015_3qy

更新
 2016年02月03日 関連情報:「2015年4Qと年間の世界タブレット出荷台数」、その中でも2-in1は倍増
 2015年12月14日 関連情報:「Worldwide Quarterly Tablet Tracker」、15年タブレットは2億1,130万台
 2015年12月14日 関連情報:「Worldwide Quarterly PC Tracker」IDC、15年のPC出荷台数は10.3%減
 2015年11月02日

IDC発表によると、従来型タブレットと2-in-1デバイスの両方を対象にした「2015年3Qの世界の出荷台数」は、2014年3Qの5,570万台に対して700万台(12.6%)減の4,870万台となっています。

タブレット市場は、2014年4Qに四半期ベースでは初めて減少に転じて以来、4期連続で縮小傾向が続いています。

また、上位5位までのベンダー別の対前年同期では、1位のAppleと2位のSamsungが減少し、3位のLenovoが微増、そして2015年2Qは圏外で前年同期に対し大幅に減少したもののASUSが4位に入り、Huaweiは飛躍して5位を維持し、LG Electronicsが圏外となりました。

 

2015年3Q(7~9月期)のベンダー別出荷台数とシェア

2015年3Q(7~9月期)の世界のタブレット出荷台数及びシェアの概要は、以下の通りです。

タブレット全体では、前年同期700万台(12.6%)減の4,870万台となっており、2015年2Qからは400万台増加しています。

特にAppleのシェアは依然とトップを維持しましたが、Samsungとともに減少しています。

 

世界タブレット、ベンダー別出荷台数の推移

2015年3Qの出荷台数は、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshipments2015_3q

ベンダー今期前年同期増減数増減率
1位 Apple 990万台 1,230万台 △240万台 △19.5%
2位 Samsung 800万台 970万台 △170万台 △17.5%
3位 Lenovo 310万台 310万台 微増 0.9%
4位 ASUS 190万台 340万台 △150万台 △44.1%
5位 Huawei 180万台 70万台 110万台 157.1%
全体 4,870万台 5,570万台 △700万台 △12.6%

2015年3Qの世界出荷台数の全体は、前年同期700万台(12.6%)減の4,870万台(2014年3Qは5,570万台)となっています。

ベンダー別では、

  • ・Appleの出荷台数は990万台(前年度同期1,230万台:240万台減、19.5%減)
  • ・Samsungは800万台(同970万台:170万台減、17.5%減)
  • ・Lenovoは310万台(同310万台:微増、0.9%増)
  • ・ASUSは190万台(同340万台:150万台減、44.1%減)
  • ・Huawelは180万台(同70万台:110万台増、157.1%増)

 

世界のタブレット、ベンダー別シェア推移

2015年3Qのシェアは、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshare2015_3q

ベンダー今期前年同期増減
1位 Apple 20.3% 22.1% △1.8
2位 Samsung 16.5% 17.4% △0.9
3位 Lenovo 6.3% 5.5% 0.8
4位 ASUS 4.0% 6.1% △2.1
5位 Huawei 3.7% 1.3% 2.4

Appleは依然トップを維持していますが、前年同期に対し1.8ポイント減の20.3%(前年同期22.1%)

2位のSamsungは、同0.9ポイント減の16.5%(同17.4%)

3位のLenovoは、同0.8ポイント増の6.3%(同5.5%)

4位にASUSが入り、同2.1ポイント減の4.0%(同6.1%)

5位はHuaweiで、同2.4ポイント増の3.7%(同1.3%)

 

2015年3Q(2015年7~9月期)のまとめ

世界出荷台数の全体は、前年同期700万台減(12.6%)減の4,870万台(前年同期の2014年3Qは5,570万台)

AppleとSamsungの動向は、

  • ・出荷台数は、Appleが990万台(前年度同期は1,230万台:240万台減、19.5%減)に対し、Samsungは800万台(同970万台:170万台減、17.5%減)
  • ・シェアは、Appleが前年同期に対し1.8ポイント減の20.3%(前年同期は22.1%)に対し、Samsungは、同0.9ポイント減の16.5%(同17.4%)

上位2ベンダーに対し、

  • ・Lenovoは、出荷台数は310万台(前年同期は310万台:微増、0.9%増)、シェアは0.8ポイント増の6.3%(同5.5%)
  • ・ASUSが、前年同期から150万台(44.1%)大幅に減少したものの4位に入って、出荷台数190万台(同340万台)、シェアは2.1ポイント減の4.0%(同6.1%)
  • ・Huaweiが、出荷台数180万台(同70万台)、シェア3.7%(同1.3%)

タブレット市場は、2014年4Qに四半期ベースでは初めて減少に転じて以来、4期連続で縮小傾向が続いています。

その要因は、一般ユーザーのタブレット所有が一巡したことやアップグレードサイクルの伸長傾向、そしてスマートフォンの機能強化や大画面化などが考えられます。

しかし、キーボード着脱式2-in-1が最近多くのメーカーから発売されてきたことやWindows10への移行などを考慮すると、今後のタブレット市場の活性化に期待が持てそうです。

 

参考

Tablet Shipments Decline -12.6% in the Third Quarter as Many Vendors Get Serious About Moving from Slate Offerings to Detachables, According to IDC
29 Oct 2015 IDC

 

2015年3Qのスマートフォンの出荷台数

2015年3Qのスマートフォンの出荷台数は3億5,520万台と、前年同期の3億3,260万台から6.8%増となり、過去の四半期の中で2番目の出荷台数となっています。

  • ・1位はSamsungで、出荷台数は8,450万台(前年同期の7,960万台から490万台増)となっていますが、市場シェアは23.8%(同23.9%から微減)
  • ・2位のAppleは、iPhone 6s/6s Plusの投入により、出荷台数は4,800万台(前年同期の3,930万台から870万台の大幅増)で、シェアは13.5%(同11.8%から1.7ポイント増)
  • ・3位はHuaweiで、出荷台数は2,650万台(前年同期の1,650万台から1,000万台増、60.9%増)となり、シェアも7.5%(同5.0%から2.5ポイント増)と躍進

Smartphone Shipments Reach Second Highest Level for a Single Quarter as Worldwide Volumes Reach 355.2 Million in the Third Quarter, According to IDC
28 Oct 2015 IDC

 

関連情報(当サイト)

世界のタブレット出荷台数、2015年2Qも前年同期に対し減少続く
2015年8月4日

Tabletshipmentsmarketshare2015_2qy

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「YOGA Tab 3」Lenovoが8.0と10.1インチAndorid搭載のタブレットを発表、プロジェクタ内臓

次へ

「ARROWS Tab」富士通のWindows10タブレット、11.6型「Q665/M」と10.1型「Q506/M」(法人向け)

Page Top