世界のタブレット出荷台数、2015年2Qも前年同期に対し減少続く、AppleとSamsungもシェア減

前へ

次へ

このページ内の目次

現地時間7月29日に「2015年2Q(4~6月期)の世界タブレット出荷台数」が、IDCより発表されましたので概要を整理します。

Tabletshipmentsmarketshare2015_2qy

更新
 2015年11月02日 関連情報:「2015年3Qの世界のタブレット出荷台数」、4期連続で前年同期減少
 2015年09月14日 関連情報:「2015年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測」をIDC Japan発表
 2015年08月27日 関連情報:「2015年のPCとタブレット出荷台数が減少見通し」とIDC発表
 2015年08月25日 関連情報:JEITAが2015年7月PC国内出荷実績を発表、前年同月比67.8%の45.4万台
 2015年08月04日

IDC発表によると、従来型タブレットと2-in-1デバイスの両方を対象にした「2015年2Qの世界の出荷台数」は、2014年2Qの4,800万台に対して330万台(7.0%)減の4,470万台となっています。

タブレット市場は、2014年4Qに四半期ベースでは初めて減少に転じて以来、縮小傾向が続いています。

また、ベンダー別の対前年同期では、1位のAppleと2位のSamsungが減少し、3位のLenovoが微増、そしてHuawelとLG Electronicsが飛躍して4位となっています。

 

2015年2Q(4~6月期)のベンダー別出荷台数とシェア

2015年2Q(4~6月期)の世界のタブレット出荷台数及びシェアの概要は、以下の通りです。

タブレット全体では、前年同期330万台(7.0%)減の4,470万台となっており、2015年1Qからも170万台減少しています。

特にAppleのシェアは依然とトップを維持しましたが、Samsungとともに減少しています。

 

世界タブレット、ベンダー別出荷台数の推移

2015年2Qの出荷台数は、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshipments2015_2q

ベンダー今期前年同期増減数増減率
1位 Apple 1,090万台 1,330万台 △240万台 △18.1%
2位 Samsung 760万台 860万台 △100万台 △11.6%
3位 Lenovo 250万台 240万台 10万台 4.2%
4位 Huawel 160万台 80万台 80万台 100.0%
4位 LG 160万台 50万台 110万台 220.0%
全体 4,470万台 4,800万台 △330万台 △7.0%

2015年2Qの世界出荷台数の全体は、前年同期330万台(7.0%)減の4,470万台(2014年2Qは4,800万台)となっています。

ベンダー別では、

  • ・Appleの出荷台数は1,090万台(前年度同期1,330万台:240万台減、18.1%減)
  • ・Samsungは760万台(同860万台:100万台減、11.6%減)
  • ・Lenovoは250万台(同240万台:10万台増、4.2%増)
  • ・Huawelは160万台(同80万台:80万台増)
  • ・LG Electronicsは160万台(同50万台:110万台増)

 

世界のタブレット、ベンダー別シェア推移

2015年2Qのシェアは、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshare2015_2q

ベンダー今期前年同期増減
1位 Apple 24.5% 27.7% △3.2
2位 Samsung 17.0% 18.0% △1.0
3位 Lenovo 5.7% 4.9% 0.8
4位 Huawel 3.7% 1.7% 2.0
4位 LG 3.6% 1.0% 2.6

Appleは依然トップを維持していますが、前年同期に対し3.2ポイント減の24.5%(前年度は27.7%)

2位のSamsungは、同1.0ポイント減の17.0%(同18.0%)

3位のLenovoは、同0.8ポイント増の5.7%(同4.9%)

4位にHuawelとLG Electronicsが3.6%

 

2015年2Q(2015年4~6月期)のまとめ

世界出荷台数の全体は、前年同期330万台(7.0%)減の4,470万台(2014年2Qは4,800万台)

AppleとSamsungの動向は、

  • ・出荷台数は、Appleが1,090万台(前年度同期1,330万台:240万台減、18.1%減)に対し、Samsungは760万台(同860万台:100万台減、11.6%減)
  • ・シェアは、Appleが前年同期に対し3.2ポイント減の24.5%(前年度は27.7%)に対し、Samsungは、同1.0ポイント減の17.0%(同18.0%)

上位2ベンダーに対し、

  • ・Lenovoは、出荷台数は250万台(同240万台:10万台増、4.2%増)、シェアは0.8ポイント増の5.7%(同4.9%)
  • ・HuawelとLG Electronicsが、出荷台数160万台、シェア3.6%

タブレット市場は、2014年4Qに四半期ベースでは初めて減少に転じて以来、縮小傾向が続いており、その要因として以下が考えられます。

  • ・一般ユーザーのタブレット所有も一巡し、アップグレードサイクルの伸長傾向
  • ・8インチタブレットや2-in-1を含めたWindowsデバイスの攻勢に加え、スマートフォンの大画面化など

 

参考

Worldwide Tablet Market Continues to Decline; Vendor Landscape is Evolving, According to IDC
29 Jul 2015 IDC

 

関連情報

2015年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測を発表
2015年9月14日 IDC Japan

  • ・2015年第2四半期
    • 国内モバイルデバイス市場の出荷台数:前年同期比5.8%減の1,065万台
  • ・2015年通年の予測
    • 同市場出荷台数は前年比4.1%減の5,000万台と予測
    • 同家庭市場:前年比0.2%増の3,879万台と予測
    • ビジネス市場:16.5%減の1,121万台と予測

 

2015年のPCとタブレット出荷台数が減少見通し
2015年8月26日 IDC

  • ・PC出荷台数は2015年に8.7%減少し2017年まで安定せず、タブレットの出荷台数は8%減少の見通し
  • ・2015年の総出荷台数の予想:タブレットは2億1,200万台、PCは2億8,160万台
  • ・タブレットは、新規購入を促す技術革新がほとんどなかった。
    PCは、大量の在庫と新しいモデルの欠如や為替レートの急騰による端末価格の上昇により低迷
  • ・ハイブリット端末(2-in-1)の人気が急増
    2015年の2-in-1端末の販売台数が86.5%増の1470万台と予想

 

関連情報(当サイト)

世界のタブレット出荷台数、2014年4Qは初めて対前年同期比減
2015年2月25日

Tabletshipmentsmarketshare2014_4qy

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「Endeavor TN20E/TN30E」エプソンが10.1と11.6インチにWindows10搭載モデルを追加

次へ

「dynabook N29/N40」東芝のWindows10搭載8.9と10.1インチ2-in-1、こだわりキーボードや独自ソフト

Page Top