世界のタブレット出荷台数、2014年4Qは初めて対前年同期比減、AppleとSamsungがシェア減

前へ

次へ

このページ内の目次

現地時間2月2日に「2014年4Q(10~12月期)の世界タブレット出荷台数」が、IDCより発表されましたので概要を整理します。

Tabletshipmentsmarketshare2014_4qy

更新
 2015年8月04日 関連情報:世界のタブレット出荷台数、2015年2Qも前年同期に対し減少続く
 2015年2月25日

IDC発表によると、従来型タブレットと2-in-1デバイスの両方を対象にした2014年4Qの世界の出荷台数は、2013年4Qの7,860万台に対して2,500万台(3.2%)減の7,610万台となっています。

また通期では、2013年の2億1,990万台に対して9,700万台(4.4%)増の2億2,960万台となっています。

タブレット市場は、通期では依然と増加傾向にあるように見受けられますが、四半期ベースでは初めて減少に転じ、ベンダー別の対前年ではAppleとSamsungの4Q落ち込みが目立っています。

 

2014年4Q(10~12月期)と通期のベンダー別状況

2014年4Q(10~12月期)の世界のタブレット出荷台数及びシェアの概要は、以下の通りです。

年末商戦の時期ではありましたが、タブレット全体では前年同期2,500万台(3.2%)減の7,610万台となっています。

特にAppleのシェアは依然とトップを維持しましたが、Samsungとともに減少しています。

 

世界タブレット、ベンダー別出荷台数の推移

2014年4Qの出荷台数は、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshipments2014_4q

ベンダー今期前年同期増減率
1位 Apple 2,140万台 2,600万台 △17.7%
2位 Samsung 1,100万台 1,350万台 △18.5%
3位 Lenovo 370万台 340万台 8.8%
4位 ASUS 300万台 400万台 △25.0%
5位 Amazon 170万台 580万台 △70.7%
全体 7,610万台 7,860万台 △3.2%

Appleは、

  • ・4Qは、前年同期に対し460万台(17.7%)減の2,140万台
  • ・通期では、同1,090万台(14.7%)減の6,340万台となっています。

Samsungは、

  • ・4Qは、同250万台(18.5%)減の1,100万台
  • ・通期では、同40万台(1.0%)増の4,010万台となっています。

一方Lenovoは、

  • ・4Qは、同30万台(8.8%)増の370万台
  • ・通期では、同340万台(43.6%)増の1,120万台となっています。
  • ・AndroidからWindowsまで幅広く展開したことが貢献し、上位5社の中で唯一前年同期を上回っています。
  • ・通期では4位でしたが、3位ASUSの1,150万台との差30万台までに迫っています。

 

世界のタブレット、ベンダー別シェア推移

2014年1Qのシェアは、以下の通りとなっています。

Tabletvendorsshare2014_4q

ベンダー今期前年同期増減
1位 Apple 28.1% 33.1% △5.0
2位 Samsung 14.5% 17.2% △2.7
3位 Lenovo 4.8% 4.3% 0.5
4位 ASUS 4.0% 5.1% △1.1
5位 Amazon 2.3% 7.4% △5.1

Appleは依然トップを維持していますが、

  • ・4Qは、前年同期に対し5ポイント減の28.1%(前年度は33.1%)
  • ・通期では、同6.2ポイント減の27.6%(同33.8%)となっています。

2位のSamsungは、

  • ・4Qは、同2.7ポイント減の14.5%(同17.2%)
  • ・通期では、同0.6ポイント減の17.5%(同18.1%)となっています。

一方、3位のLenovoは、

  • ・4Qは、同0.5ポイント増の4.8%(同4.3%)
  • ・通期では、同1.4ポイント増の4.9%(同3.5%)となっています。

 

2014年4Q(2014年10~12月期)のまとめ

世界出荷台数の全体は、前年同期2,500万台(3.2%)減の7,610万台(2013年4Qは7,860万台)

Appleの出荷台数が2,140万台(前年度同期2,600万台:460万台減、17.7%減)に対し、Samsungは1,100万台(同1,350万台:250万台減、18.5%減)

ベンダー別シェアは、Appleが28.1%(前年同期33.1%)に対し、Samsungは14.5%(同17.2%)

  • ・一般ユーザーのタブレット所有も一巡し、さらにデバイスを3年以上使い続けるようになってきたことによるアップグレードのサイクルの伸長傾向にあり
  • ・8インチタブレットや2-in-1を含めたWindowsデバイスの攻勢に加え、スマートフォンの大画面化などのデバイス動向
  • ・そこに、既存メーカーに加えて中国メーカーの台頭など

タブレット市場の激戦も今年も続きそうですが、引き続き動向を確認していく予定です。

 

参考

Worldwide Tablet Shipments Experience First Year-Over-Year Decline in the Fourth Quarter While Full Year Shipments Show Modest Growth, According to IDC
02 Feb 2015 IDC

 

関連情報(当サイト)

世界のタブレット出荷台数、2014年1QもAppleが首位を維持もシェアは縮小(IDC)、補足:AppleとSamsungの2014年1~3月期決算概要
2014年5月4日

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「dtab d-01G」NTTドコモが8インチAndroid4.4搭載タブレットを発表、月々サポートで実質0円

次へ

「Venue10/Pro」DELLが10.1インチWindows及びAndroid搭載タブレットを追加、SIMフリーあり

Page Top