世界のタブレット出荷台数の2023年3Qは14.2%減の3,320万台 | 市場縮小の影響で継続減少も長期化予想

2023年3Qの世界タブレット出荷台数とシェア

更新 2023年08月07日

現地時間2023年11月5日に「2023年3Q(7~9月期)の世界タブレット出荷台数とシェア」を、IDCが発表しましたので概要を整理します。

2023年第3四半期の世界のタブレット出荷台数は、前年同期比14.2%減の3,320万台となりました。

当四半期もタブレット市場が引き続き縮小したことが影響して上位5ベンダー全てが前年同期に対して減少し、購買が活発化するのは2024年にずれ込むと予想しています。

IDC発表によると、従来型タブレットと2in1デバイスの両方を対象にした2023年3Q(7~9月期)の世界の出荷台数は、前年同期(2022年3Q)の3,870万台に対して550万台(14.2%)減の3,320万台となっています。

タブレットは、新型コロナウィルスの影響で教育(遠隔学習)やエンターテイメントなどの分野で変革をもたらし、多くのユースケースを見出した結果、2020年から2021年にかけて大幅に成長しました。

そして、2022年は2021年の状態が横ばいで続きましたが、2023年1Qは世界中で出社率が向上したうえ、慎重な支出傾向が続いたことなどにより、需要が低下しました。

2023年2Qもタブレットの需要は引き続き低迷し、消費者信頼感と購買力が依然として低いことから、ベンダー各社は2桁の減少となっています。

そして、2023年3Qもタブレット市場で最大規模の縮小を記録しており、4Qのホリデーシーズンも大きな変化はないと予想しています。

なお、マクロ経済状況に劇的な改善が見られないため、プロジェクトや購入の遅れはさらに長引き、購買が活発化するのは2024年にずれ込むと予想しています。

特に、教育分野の刷新と業種全体でのユースケースの増加は、長期的にはタブレット市場の存続に役立つかもしれないが、近い将来、タブレットの売上が大幅に増加することはないとしています。

2023年3Qの前年同期に対する世界の出荷台数は、トップ5のベンダーの顔ぶれは、2023年2QにXiaomiが5位に登場しましたが2023年3Qは圏外となり、代わりにAmazonが5位に再登場しています。

5位のXiaomiとAmazonの入れ替わり以外の顔ぶれはかわらず、5ベンダー全てが前年同期に対して減少しています。

IDCでは、従来型のタブレット「スレート型」とキーボード着脱式2in1「デタッチャブル型」の2つに分けて分析しています。

「スレート型」は2014年をピークとして減少に転じ、この傾向は今後も続くと予測しており、一方の「デタッチャブル型」は、市場の盛り上がりを牽引すると期待されています。

「デタッチャブル型」は、生産性や柔軟性など、使いやすさ重視への需要が高まっており、ノートPCとすみ分けしているだけでなく、一部ではノートPCの代わりのデバイスとして購入したことも貢献しています。

しかし、タブレットは、PCとスマートフォンの間の位置づけとなっています。

最近のタブレットメーカーは、タブレットをPCやスマートフォンとを組み合わせるのではなく、ペアリングしたときに効果的に機能することを認識し始めているようです。

多くのタブレットメーカーも同様の傾向で、統一したソフトウェアとサービスを提供することを目指していますが、その実現には多少の時間がかかりそうです。

この様な状況の中で、2023年3Qにおける上位5ベンダーの状況は以下の通りです。

特に、2023年2QではXiaomiが5位に食い込んでいましたが、2023年3Qは代わりにAmazonが再登場しています。

1位はAppleで、シェアは前年同期から0.4ポイント減の37.5%(前年同期:37.9%)で、出荷台数は前年同期比15.1%(220万台)減の1,250万台で依然トップを独走しています。

Appleは、通常、下半期に景気が盛り上がる第3四半期中に新モデルを発売していましたが、今回は見送ったのが影響しているようです。

一方、Samsungは2位で、シェアは0.6ポイント減の18.0%(同18.6%)、出荷台数は同17.1%(120万台)減の600万台となっています。

Samsungは、出荷台数は縮小しているものの、追加のマーケティングキャンペーンとともにプレミアムセグメントに集中することで立て直しに注力しているようです。

3位はLenovoで、シェアは0.9ポイント増の7.9%(同7.0%)、出荷台数は同4.2%(10万台)減の260万台となっています。

4位はHuaweiで、シェアは0.6ポイント増の6.8%(同6.2%)、出荷台数は同5.7%(10万台)減の230万台となりました。

5位はAmazonで、シェアは4.6ポイント減の6.5%(同11.1%)、出荷台数は同49.5%(210万台)減の220万台となりました。

ホリデーシーズンに向け、新しいお値打ち価格のプレミアムデバイス「Fire Max 11」を発売して巻き返しています。

なお、2022年3Q及び2023年3Qともに、Huaweiが売却したHonorの数値は含まれていません。

2023年3Q(7~9月期)のベンダー別出荷台数とシェア

2023年3Q(7~9月期)の世界のタブレット出荷台数及びシェアの概要は、以下の通りです。

タブレット全体の出荷台数は、前年同期に対し550万台(14.2%)減の3,320万台となりました。

上位5社のベンダーの顔ぶれは、Amazonが5位圏に復活しました。

出荷台数は、Appleが前年同期に対して15.1%減の1,250万台で依然トップを維持し、2位がSamsungで同17.1%減の600万台、3位はLenovoで同4.2%減の260万台、4位がHuaweiで同5.7%減の230万台となり、5位が再登場したAmazonで同49.5%減の220万台となっています。

世界タブレット、ベンダー別出荷台数の推移

2023年3Qの世界タブレット出荷台数

2023年3Q(7~9月期)の出荷台数は、以下の通りです。

ベンダー今期前年同期増減数増減率
1位 Apple 1,250万台 1,470万台 △220万台 △15.1%
2位 Samsung 600万台 720万台 △120万台 △17.1%
3位 Lenovo 260万台 270万台 △10万台 △4.2%
4位 Huawei 230万台 240万台 △10万台 △5.7%
5位 Amazon 220万台 430万台 190万台 △49.5%
全体 3,320万台 3,870万台 △550万台 △14.2%

2023年3Q(7~9月期)の世界出荷台数の全体は、前年同期に対して550万台(14.2%)減の3,320万台(2022年3Qは3,870万台)です。

上位5ベンダーの顔ぶれは、Amazonが5位に再登場しただけで、他の4ベンダーは変わっていません。

1位はAppleで、1,250万台(前年同期に対し15.1%減、前年同期 1,470万台)

2位はSamsungで、600万台(同 17.1%減、同 720万台)

3位はLenovoで、260万台(同 4.2%減、同 270万台)

4位はHuaweiで、230万台(同 5.7%減、同 240万台)

5位はAmazonで、220万台(同 49.5%減、同 430万台)

世界のタブレット、ベンダー別シェア推移

2023年3Qの世界タブレットのシェア

2023年3Q(7~9月期)のシェアは、以下の通りです。

ベンダー今期前年同期増減
1位 Apple 37.5% 37.9% △0.4
2位 Samsung 18.0% 18.6% △0.6
3位 Lenovo 7.9% 7.0% 0.9
4位 Huawei 6.8% 6.2% 0.6
5位 Amazon 6.5% 11.1% △4.6

1位はAppleで、37.5%(前年同期に対して 0.4ポイント減、前年同期 37.9%)

2位のSamsungで、18.0%(同 0.6ポイント減、同 18.6%)

3位はLenovoで、7.9%(同 0.9ポイント増、同 7.0%)

4位はHuaweiで、6.8%(同 0.6ポイント増、同 6.2%)

5位はAmazonで、6.5%(同 4.6ポイント減、同 11.1%)

参考:世界Chromebook、ベンダー別出荷台数とシェア

2023年3Qのベンダー別出荷台数とシェア

上段:出荷台数、下段:シェア

ベンダー今期前年同期増減数増減率
1位 Acer 100万台 110万台 △10万台 △6.3%
28.3% 23.9% 4.4
2位 HP 70万台 80万台 △10万台 △16.0%
19.0% 17.9% 1.1
3位 Dell 70万台 90万台 △20万台 △28.1%
19.0% 20.9% △1.9
4位 Lenovo 60万台 80万台 △20万台 △20.9%
18.2% 18.2%
5位 ASUS 20万台 30万台 △10万台 △23.1%
6.4% 6.6% △0.2
全体 350万台 450万台 △100万台 △20.8%
100.0% 100.0%

参考

Worldwide Shipments of Tablets and Chromebooks Continued to Decline in Q3 2023, According to IDC

関連情報(当サイト)

世界のタブレット出荷台数の2023年2Qは29.9%減の2,830万台

2023年2Qの世界タブレット出荷台数とシェア

トップに戻る

関連記事

前へ

AYANEO GEEK 1S | AYANEO製7.0型Win11搭載ハンドヘルドゲーミングPC、握りやすくしてCPUを強化

次へ

STYLISTIC WQ2/H3 | 富士通のWin11搭載10.1型着脱式2in1、防水・防塵・堅牢で頼れるタフさタブレット

Page Top