「REGZA Tablet AT374」東芝がAndroid4.2(7.0インチ)新タブレットを発表、コストメリット訴求のエントリーモデル

前へ

次へ

このページ内の目次

REGZA Tablet AT374、東芝のAndroid4.2搭載(7.0インチ)エントリーモデルのタブレット

11月下旬発売、約30,000円

Regza_at374

CPU 1.6Ghz OS Android 4.2 発売 2013年11月下旬
RAM 1GB ROM 16GB
ディスプレイ 7.0インチ 1024X600 カメラ 0.3MP
メーカー 東芝 直販
価格 約30,000円(16GB,WiFi) Amazon REGZA Tablet AT374

更新 2013年11月18日

東芝からAndroid4.2(7.0インチ)新タブレット「REGZA Tablet AT374」が発表されましたので、主な特徴とスペックを整理します。

価格は約30,000円で、11月下旬に発売予定です。

 

東芝のタブレットは、Android搭載を「REGZA Tablet」シリーズとし、Windows搭載を「dynabook Tab」シリーズと体系立てています。

Android搭載の「REGZA Tablet」シリーズには、既に以下のモデルが発売されていますが、今回7インチモデルが「コストメリットあるエントリーモデル」としてラインナップに加わりました。

  • ・ハイエンドモデル
    「AT703/58J」:10.1インチ(2560X1600)、約90,000円
  • ・スタンダードモデル
    「AT503/38J」:10.1インチ(1280X800)、約50,000円

 

現在発売されている7インチタブレットのエントリーモデルとしては、CPUが2コア1.2GHz、ストレージ32GBで20,000円台のモデルが多くあります。

これに対し、この「REGZA Tablet AT374」は、

  • ・ストレージは16GBですが、カードスロット(microSD/SDHC)を装備
  • ・プロセッサは「RockChip RK3188」で4コア1.6GHz
  • ・販売予想価格は、30,000円前後

主な対抗機種としては、

  • ・Google「Nexus 7(2013)」(1.5GHz、16GB、27,800円)
  • ・Amazon「Kindle Fire HDX」(2.2GHz、16GB、24,800円)
  • ・ASUS「Fonepad 7」(1.6GHz、16GB、約34,800円)や「MeMoPad HD7」(1.2GHz、16GB、19,800円)
  • ・HP「Slate 7」(1.6GHz、16GB、約20,000円)

など、魅力的なタブレットがある中で、他の製品を含めた東芝の総合力を活かした展開ができていくのか楽しみです。

 

主な特徴(一部、製品サイトから引用)

  • ・CPUは、「RockChip RK3188」(1.8GHz、4コア)
  • ・プリインストールOSは、Android4.2
  • ・ディスプレイは、7.0インチワイド WSVGA TFTカラー LED液晶(1024X600)、広視野角
  • ・RAMは1GB、ストレージは16GB
  • ・カメラは、前面が0.3MP、背面が3.0MP
  • ・外部接続には、Micro HDMI、Micro USB、無線LANはIEEE802.11 a/b/g/n、Draft IEEE802.11ac準拠
  • ・カードスロットは、microSD/SDHC
  • ・外部接続には、micro USB、Bluetooth 4.0、無線LANはIEEE802.b/g/n
  • ・センサーは、加速度、GPS
  • ・その他、好みに合わせて文字入力ができる「ATOK for Android」、最大10人とビデオ通話が楽しめる「ハングアウト」搭載など
  • ・サイズ:197.0x115.8x10.9(mm)、重量:約345g、駆動時間:約8時間

 

主なスペック

Regza_at374_1

Regza_at374_2

Regza_at374_3

Regza_at374_4

Regza_at374_5

Regza_at374_6

 

他サイトの紹介記事

4コアプロセッサ搭載、高性能と低価格を実現した7型タブレット──「REGZA Tablet AT374」
2013年11月18日 ITmedia PC USER

東芝、「REGZA Tablet」の7型エントリーモデル
2013年11月18日 PC Watch

東芝、7型のAndroidタブレット「REGZA Tablet AT374」
2013年11月18日 マイナビニュース

 

関係するタブレット情報(当サイト)

東芝のAndroid搭載タブレット

「REGZA Tablet AT703/58J」東芝がAndroid4.2(10.1インチ)ハイエンドタブレットを発表、「iPad Retina」「Nexus 10」「TA09C-B41R3」の高解像度タブレットと比較して新たな価値を提案
2013年6月18日

「REGZA Tablet AT503/38J」東芝が画質・音質・拡張性に優れたAndroid4.2(10.1インチ)タブレットを発表、6月21日発売、約50,000円
2013年6月17日

 

対抗モデル

「Kindle Fire HDX」新シリーズと「Kindle Fire HD」モデルチェンジ、Amazonが国内販売を発表
2013年10月17日

「ASUS Fonepad 7」ASUSがAndroid 4.2搭載のSIMロックフリーで3G通信対応(7インチ)タブレットの国内販売を発表
2013年9月27日

7インチタブレットの比較(2013年夏)、「Nexus 7(2013)」国内モデルが8月28日から発売、「Slate 7」「MeMO Pad HD 7」「ITQ701 WOW」と比較しても買い
2013年8月27日

「Slate 7」HPがAndroid4.1の「Beats Audio」とHFFSパネル搭載のミュージックプレイヤー(7インチ)タブレットの国内販売を発表、8月6日から13,860円
2013年7月30日

「MeMO Pad HD 7」ASUSが国内モデルを7月19日から19,800円で発売、その特徴をグーグル「Nexus 7」やASUS「Fonepad ME371MG」と比較
2013年7月17日

 

「REGZA Tablet AT374」東芝

Regza_at374

CPU 1.6Ghz OS Android 4.2 発売 2013年11月下旬
RAM 1GB ROM 16GB
ディスプレイ 7.0インチ 1024X600 カメラ 0.3MP
メーカー 東芝 直販
価格 約30,000円(16GB,WiFi) Amazon REGZA Tablet AT374

トップに戻る

関連記事

前へ

「Venue 8 Pro」DELLがWindows8.1搭載(8インチ)タブレットの国内販売を発表、Acer「Iconia W4-820」と比較

次へ

「dynabook Tab VT484」東芝がWindows8.1搭載(8インチ)タブレットの国内販売を発表、「Venue 8 Pro」「Iconia W4-820」と比較

Page Top