米国スマートフォンのシェア 利用者でGoogleが急増で首位をキープ、Appleは微増で2位

前へ

次へ

このページ内の目次

10月5日に米国の調査会社comScoreが「August 2011 U.S. Mobile Subscriber Market Share」で、8月時点の米国スマートフォン市場のシェアと5月時点からの増減を発表しました。

過去の発表資料をもとに、直近の推移をまとめておきます。

 

米国スマートフォン利用者のシェア(2011年8月時点)

20111012

  • ・プラットフォーム(利用者)では、
    Googleが今年に入って急増して43.7%でトップを維持しているのに対し、Appleは微増で2位の27.3%となっています。
  • ・OEM含む端末メーカ別では、
    Samsungが微増の25.3%でトップを維持しているのに対し、Appleは微増で4位の9.8%となっています。
    一方、3位のMotorolaと5位のRIMは減少が続いています。

 

4月に整理した時に比べると、利用者シェアでGoogleが大きく躍進し、端末メーカ別ではAppleが堅調に伸びています。

特にAppleにおいては、先日のSteve Jobs氏死去の影響、iPhone4Sの反応とiPhone5への期待、一方Motorola買収によるGoogleの包囲網など、今後の動向に目が離せません。

 

米国内の端末メーカー別シェア(2011年8月時点)

20111012_2

 

 1位 Samsung:25.3%(0.5%増) [Samsung:24.8%]
 2位 LG:21.0%(0.1%減)     [LG:21.1%]
 3位 Motorola:14.0%(1.1%減)  [Motorola:15.1%]
 5位 Apple:9.8%(1.1%増)     [Apple:8.7%] 
 4位 RIM:7.1%(1.0%減)      [RIM:8.1%]

  ( )2011年5月期からの増減、[ ]5月のシェア

 

参考

・comScore Reports(2011.10.5)
 August 2011 U.S. Mobile Subscriber Market Share

 

トップに戻る

関連記事

前へ

Appleが「Let's Talk iPhone」でiPhone4SやiCloudなどを発表 Appleの勢いは止まらない

次へ

9月の米国スマートフォンのシェア 利用者数も増加。Google(Android)シェア拡大、Apple(iOS)も微増

Page Top