Android 3.0(Honeycomb)とオンラインストア「Android Market」発表

前へ

次へ

このページ内の目次

今日(米国時間2/2)Google本社で、Android OSをタブレット・コンピュータ向けに最適化した「Android 3.0」(開発コード名:Honeycomb)の詳細と、新しいウェブベースの「Android Market」オンラインストアが発表されました。

「Android 3.0」(開発コード名:Honeycomb)は、インタフェースの提供やゲーム向けのグラフィックス機能強化、アプリ内課金や購入のサポートに重点が置かれています。

デモでは、ビデオ・チャットやコンタクト・ショートカットの作成機能、ビデオ・チャット機能、新しいカメラ・インタフェース、ビジュアルのゲーム、マルチタスク機能などが紹介されています。

改良点のひとつは、メッセージ通知システムのデザイン変更

  • 画面最上部から引き出す従来のプルダウン・メニューではなく、画面最下部から引き出すプルアップ・リストを採用する。
  • 最下部右端にポップアップ表示される仕組み。

「RenderScript」という技術も導入

  • Honeycombのインタフェースや「Google Maps」のようなアプリで、スムーズなフリップ、パン、ズームを可能にする。

開発者への改良されたツール提供も目標

  • 開発者は、Android開発ツールキットに追加された新しいウィジェットやペインなどの要素を、独自の目的で再利用でき、これらの要素のモジュール性で開発者は新しいコンテンツを、より低コストで迅速に作成できる。

 

同時発表の「Android Market」オンラインストア概要

  • ・スマートフォンやタブレット向けにアプリケーションの入手が容易
  • ・アプリケーションを宣伝するための画像を改善
    ユーザーが選択したアプリケーションに別のアプリケーションを並べて売り込むという方法も導入されます。
  • ・スクリーンショットとユーザーレビューは目立つ
  • ・Twitterに接続
    ユーザーはアプリケーションの購入や紹介を自身のTwitterフォロワーに向けてツイートできる。
    ツイートは、フォロアーを同ストアに直接誘導するためのリンクを含む。
  • ・Android Market内の検索向上
    ウェブストア内の検索を一部改善し、デバイスタイプ、人気度、レビューでソートできる。
  • ・アプリケーション開発者のためにアプリケーション内購入を提供
    開発者は、バーチャルグッズの販売がAndroidアプリケーション内で可能となる。
  • ・デベロッパはアプリを宣伝するためのYouTubeビデオをアップロード

 

参考

Android developers ≫ Android 3.0 Platform Highlights

Android Market

 

参照

・cnet Japan(2011.2.3)
  『東芝やNECに「Android 3.0」への取り組みを聞いてみた』

・COMPUTERWORLD(2011.2.3)
  『グーグル、タブレット向けOS「Android 3.0」の詳細を明らかに』

・TechCrunch Japan(2011.2.3)
  『GoogleのAndroid Honeycombイベントの会場からの実況記事』

 

トップに戻る

関連記事

前へ

スマートフォンのシェア争い Android vs iPhone(Apple)熾烈な争い

次へ

スマートフォンのシェア争い Google(Android)が利用者シェア首位をキープ(米国)

Page Top