「dynabook Tab」東芝タブレット、Windows搭載8インチ「S38/M」と10.1インチ「S50/M」、Android搭載7インチ「A17/M」(法人向け)

前へ

次へ

このページ内の目次

東芝の法人向けタブレット(2014年夏モデル)
Windows搭載の8インチ「dynabook Tab S38/M」と10.1インチ「dynabook Tab S50/M」、Android搭載の7インチ「dynabook Tab A17/M

Dynabooktabs38m Dynabooktabs50m Dynabooktaba17m
dynabook Tab S38/M dynabook Tab S50/M dynabook Tab A17/M
2014年7月下旬 2014年7月下旬 2014年7月下旬

更新:2014年7月26日

東芝から法人向けタブレット「dynabook Tab」シリーズが発表されていますので、主な特徴とスペックを整理します。

Windows 8.1 Pro Update(32ビット)搭載の8インチ「dynabook Tab S38/M」と10.1インチ「dynabook Tab S50/M」、Android 4.4搭載の7インチ「dynabook Tab A17/M」の3つのシリーズです。

価格はオープンで、2014年7月下旬から順次発売される予定です。

  • ・dynabook Tab S38/M
    • Windows 8.1 Pro Update、8インチ
    • ストレージ32GB:型番 PS38MSEK2L6AA41
    • ストレージ64GB:型番 PS38MSEK9L6AA41
  • ・dynabook Tab S50/M
    • Windows 8.1 Pro Update、10.1インチ
    • ストレージ32GB:型番 PS50MSEK2L6AD41
    • ストレージ64GB:型番 PS50MSEK9L6AD41
  • ・dynabook Tab A17/M
    • Android 4.4、7インチ
    • ストレージ16GB:型番 PA17MSEK7L2AAS1

なお各シリーズには、法人向けの様々な機能が標準又はオプションで用意されています。

「dynabook Tab S38/M」及び「S50/M」

  • ・アプリケーション
    • TruCapture(標準)
      内蔵カメラで撮影した画像を自動補正してデータ化
    • Office Home and Business 2013(カスタムメイドで選択)
  • ・クリックパッド付きBluetoothキーボード(オプション)
    タブレットを立てかけてスタンドにもなり、ノートPCのように操作

「dynabook Tab A17/M」

  • ・アプリケーション
    • TruCapture(標準)
      内蔵カメラで撮影した画像を自動補正してデータ化
    • Splashtop 2-Remote Desktop(標準)
      タブレットからオフィスのPCを遠隔操作し、アプリケーションの利用やファイルを閲覧・編集
    • MobiSystemsR OfficeSuite Pro 7(標準)
      Microsoft Officeアプリケーションの文書閲覧や編集、Googleドキュメントにも対応

その他

 

「S38/M」「S50/M」「A17/M」の主なスペック

S38/MS50/MA17/M
PS38MSEK
2L6AA41
PS38MSEK
9L6AA41
PS50MSEK
2L6AD41
PS50MSEK
9L6AD41
PA17MSEK
7L2AAS1
CPU Atom Z3735F(4コア) Atom Z3735F(4コア) Atom Z3735G(4コア)
インテル HD インテル HD
クロック 1.33GHz
(最大1.83GHz)
1.33GHz
(最大1.83GHz)
1.33GHz
(最大1.83GHz)
OS Win8.1 Pro Update(32) Win8.1 Pro Update(32) Android4.4(KitKat)
RAM 2GB DDR3L 2GB DDR3L 1GB
ROM 32GB 64GB 32GB 64GB 16GB
ディス
プレイ
8.0インチ WXGA
TFTカラー LED液晶
10.1インチ WXGA
TFTカラー LED液晶
7.0インチ WSVGA
TFTカラー LED液晶
8001280 1280X800 6001024
静電容量式マルチタッチ 静電容量式マルチタッチ 静電容量式マルチタッチ
前面
カメラ
1.2MP 1.2MP 0.3MP
背面
カメラ
5.0MP 5.0MP 2.0MP
S38/MS50/MA17/M
PS38MSEK
2L6AA41
PS38MSEK
9L6AA41
PS50MSEK
2L6AD41
PS50MSEK
9L6AD41
PA17MSEK
7L2AAS1
USB microUSB2.0 microUSB2.0 microUSB2.0
映像
出力
micro HDMI Miracast
Blue
tooth
4.0 4.0 4.0 SR
カード microSD/SDHC/SDXC microSD/SDHC/SDXC microSD
無線
LAN
802.11 b/g/n 802.11 b/g/n 802.11 b/g/n
その他 撮影画像データ化アプリ
「TruCapture」付属
(オプション)
Bluetoothキーボード
撮影画像データ化アプリ
「TruCapture」付属
(オプション)
Bluetoothキーボード
撮影画像データ化アプリ
「TruCapture」付属
PC遠隔操作
(リモートデスクトップ)
「Splashtop 2-Remote Desktop」
センサー GPS GPS
電子コンパス、加速度、
ジャイロ
電子コンパス、加速度、
ジャイロ
加速度
Office カスタムメイドで選択 カスタムメイドで選択 OfficeSuite Pro 7
バッテリー JEITA
Ver2.0:約 7.5時間
Ver1.0:約10.5時間
JEITA
Ver2.0:約 7.0時間
Ver1.0:約9.5時間
約5.5時間
サイズ
高さ

厚さ
(mm)
132.0
210.7
9.5
258.8
175.0
9.0
119.8
199.0
10.9
重量 約385g 約555g 約350g
S38/MS50/MA17/M
PS38MSEK
2L6AA41
PS38MSEK
9L6AA41
PS50MSEK
2L6AD41
PS50MSEK
9L6AD41
PA17MSEK
7L2AAS1
価格 オープン
約59,000円
オープン
約61,000円
オープン
約71,000円
オープン
約73,000円
オープン
約21,000円
発売 2014年7月下旬 2014年7月下旬 2014年7月下旬
Amazon S50/M A17/M

価格はオープン価格です。
表示価格は、あくまでも想定であり、直販サイトなどで発表された価格ではありません。

 

関連タブレット情報(当サイト)

タブレットの比較(2014年夏)、8インチWindows搭載「dynabook Tab」「ARROWS Tab」(法人向け)
2014年7月16日

東芝がWindows搭載の法人向けタブレットを発表、11.6インチ「VT714」とキーボード着脱式「dynabook V714」、8インチ「dynabook VT484」
2014年1月11日

 

トップに戻る

関連記事

前へ

「TOUGHPAD FZ-G1」パナソニックがWindows搭載10.1インチタブレット後継機を発表(法人向け)

次へ

「Endeavor TB20S」エプソンがWindows8.1 with Bing搭載(10.1インチ)タブレットを発売

Page Top