「TOUGHPAD FZ-M1」パナソニックがWindows搭載(世界初の7インチ)タブレットを発表(法人向け)

前へ

次へ

このページ内の目次

「TOUGHPAD FZ-M1」パナソニックのWindows搭載(7インチ)タブレット
業務利用を想定した耐久性とセキュリティ機能、豊富なオプション機器を用意
2014年3月上旬発売予定、約190,000円から

Toughpad_fzm1

CPU 1.6Ghz OS Windows8.1Pro 発売 2014年3月上旬
RAM 4GB ROM 128GB
ディスプレイ 7.0インチ 1280X800 カメラ 2.0MP
メーカー TOUGHPAD FZ-M1 直販
価格 約270,000円 約240,000円 約270,000円 約240,000円
Amazon Win8.1/LTE Win8.1/WiFi Win7/LTE Win7/WiFi

更新
 2016年3月29日 関連モデル:Win10Pro搭載モデル「TOUGHPAD FZ-M1D/F」を追加
 2014年7月23日 関連モデル:CPUにCeleronを搭載したコストパフォーマンスモデルを発表
 2014年3月05日 導入事例:取り扱い品目20万点超の大規模ホームセンターで発注や接客に活躍
 2014年3月01日 関連モデル:5インチWindows搭載「FZ-E1」とAndroid4.2搭載「FZ-X1」発表
 2014年1月08日

パナソニックからWindows搭載(世界初の7インチ)タブレット「TOUGHPAD FZ-M1」が発表されましたので、主な特徴とスペックを整理します。

法人向けを基本とし、発売は2014年3月上旬、価格は約190,000円からの予定で、OSとワイヤレスWANモジュール(Xi-LTE対応)の組み合わせで、4つのモデルが発売されます。

 

法人向け「TOUGHPAD」シリーズには、すでに以下のモデルが発売されていますが、今回Windows搭載に7インチモデル「FZ-M1」が加わることになります。

なお、Windows搭載タブレットの7インチモデルは世界初となります。

  • ・Windows搭載モデル;20インチの「UT-MB5」、10.1インチの「FZ-G1」
  • ・Android搭載モデル:10.1インチの「FZ-A1」、7インチの「JT-B1」

 

今回発表の「TOUGHPAD FZ-M1」にも、業務利用を想定した耐久性とセキュリティ機能、豊富なオプション機器が用意されています。

  • ・CPUに「Core i5-4302Y vPro」(1.60GHz、最大2.30GHz、ビデオ機能内蔵)を採用し、独自の放熱設計との組み合わせでファンレスを実現
  • ・メモリは4GB、ストレージは128GB SSD、ディスプレイは7インチワイド(1280X800、10点マルチタッチ対応)
  • ・バッテリー駆動時間は標準で8時間
    ユーザーで交換でき、オプションのLバッテリー装着時は16時間駆動
  • ・150cm(6面)からの落下試験実施、IP65準拠の防塵/防滴など、屋外での使用を想定した対策
  • ・業務での利用を想定し、セキュリティチップ(TPM)搭載に加え、
    オプションで、ハンドストラップ、回転式ハンドストラップ、スタイラスペン、交換可能なバッテリ、クレードル、バーコードリーダー、LANポート、シリアルポート、スマートカードリーダー、NFCなどが用意されています。

 

業務現場で利用する小型端末というと、これまではメーカー個別の専用端末、最近ではAndroid搭載端末があります。

今回の「TOUGHPAD FZ-M1」は、片手で持てる範囲の7インチサイズであり、基幹システムとの親和性が高いWindows搭載ですので、システム開発や管理面からも、オプション機器が豊富にあることからも、利用用途が広がりそうです。

「TOUGHPAD FZ-M1」の4モデル
  FZ-M1CCAAJBJ
Xi(LTE)対応
FZ-M1CCAAZBJ FZ-M1CCAAJCJ
Xi(LTE)対応
FZ-M1CCAAZCJ
CPU Core i5-4302Y vPro(2コア)
クロック 1.6GHz(最大2.3GHz)
GPU Intel Graphics 4200
OS Windows 8.1 Pro(64bit)
(Windows 7ダウングレード権含む)
Windows 7 Pro(32bit)
(Windows 8.1 Proダウングレード権行使)
RAM 4GB
ROM 128GB SSD(Serial ATA)
ディス
プレイ
7インチ(1280X800)
10点マルチタッチ
前面
カメラ
2.0MP
背面
カメラ
5.0MP
  FZ-M1CCAAJBJ
Xi(LTE)対応
FZ-M1CCAAZBJ FZ-M1CCAAJCJ
Xi(LTE)対応
FZ-M1CCAAZCJ
USB 3.0
無線
LAN
802.11 a/b/g/n/ac
Blue
tooth
4.0
カード microSD
WWAN Xi(LTE)対応 Xi(LTE)対応
GPS
バッテリー 約8時間(オプション:バッテリーパック約16時間)
サイズ
 高さ
 幅
 厚さ
(mm)
202.7
132
18
重量 約550g 約540g 約550g 約540g
価格 約270,000円 約240,000円 約270,000円 約240,000円
Amazon FZ-M1CCAAJBJ FZ-M1CCAAZBJ FZ-M1CCAAJCJ FZ-M1CCAAZCJ

 

主な特徴(一部、製品サイトから引用)

  • ・CPUは、「Core i5-4302Y vPro」(1.60GHz、最大2.30GHz、ビデオ機能内蔵)
  • ・プリインストールOSは、Windows 8.1 Pro 64ビット、またはWindows 7 Pro 32ビット(Windows 8.1 Proからのダウングレード)
  • ・ディスプレイは、7インチワイドWXGA(1280X800)、10点マルチタッチ対応
  • ・RAMは4GB、ストレージは128GB SSD(Serial ATA)
  • ・カメラは、前面が2.0MP、背面が5.0MP
  • ・外部接続には、USB 3.0、Bluetooth 4.0、無線LAN IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac
  • ・カードスロットは、microSD
  • ・その他、PCM音源(24ビットステレオ、インテル「High Definition Audio」準拠)、ワイヤレスWANモジュール(Xi-LTE対応)選択可
  • ・オプションで、
    ハンドストラップ、回転式ハンドストラップ、スタイラスペン、交換可能なバッテリ、クレードル、バーコードリーダー、LANポート、シリアルポート、スマートカードリーダー、NFCなど
  • ・サイズは、202.7x132x18mm、重量:WiFi約540g、WAN約550g、駆動:約8時間

 

主なスペック(掲載時点の情報)

Toughpad_fzm1_1

Toughpad_fzm1_2

Toughpad_fzm1_3

Toughpad_fzm1_4

Toughpad_fzm1_5

Toughpad_fzm1_6

 

他サイトの紹介記事

【イベントレポート】パナソニック、7型の頑丈Windowsタブレット実機を展示
~150cm落下を実演、20型4Kタブレットの上位モデルも
2014年1月8日 PC Watch

パナソニック、Core i5搭載でファンレスの“7型”堅牢Windowsタブレット「TOUGHPAD FZ-M1」
2014年1月7日 ITmedia PC USER

パナソニック、世界初7型でHaswell搭載の頑丈Windowsタブレット
2014年1月7日 PC Watch

パナソニック、「TOUGHPAD」にWindows 8.1 Pro搭載の7型WXGAモデル
2014年1月7日 マイナビニュース

Windows8.1の7インチタブレット『TOUGHPAD FZ-M1』が登場
2014年1月7日 週アス PLUS

 

導入事例(他サイトの紹介記事)

取り扱い品目20万点超の大規模ホームセンターで発注にも接客にも「TOUGHPAD」が活躍する
2014年3月5日 JBpress(日本ビジネスプレス)

 

「TOUGHPAD FZ-M1」パナソニック

Toughpad_fzm1

CPU 1.6Ghz OS Windows8.1Pro 発売 2014年3月上旬
RAM 4GB ROM 128GB
ディスプレイ 7.0インチ 1280X800 カメラ 2.0MP
メーカー TOUGHPAD FZ-M1 直販
価格 約270,000円 約240,000円 約270,000円 約240,000円
Amazon Win8.1/LTE Win8.1/WiFi Win7/LTE Win7/WiFi

トップに戻る

関連記事

前へ

「ICONIA A1-830」Acerが「ICONIA A1-810」の後継機となるAndroid4.2搭載(7.9インチ)タブレットを発表、CPU性能向上で薄型軽量

次へ

「Slate 7 Extreme」HPが「Slate 7」の上位機となるCPU「Tegra 4」搭載のAndroid4.2(7インチ)タブレットを発表

Page Top